忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
武富士、今期最終赤字2000億円 「過払い」引当金を大幅増

武富士の2009年3月期の連結最終損益が2000億円程度の赤字(前期は141億円の黒字)に転じる見通しとなった。利息制限法の上限を超える利息(過払い金)返還請求の高止まりを受けて、引当金を大幅に積み増し、来期以降の損失負担を軽くする。改正貸金業法の施行を来年に控え、他の大手にも同様の動きが広がる可能性がある。

従来予想は30億円の黒字だった。今期に計上する引当金は2000億円前後とみられるが、大半が過払い金返還に備えたものとなる。(日経ネット引用)

色々な噂が流れていた武富士さんに関してこんなニュースが出てきました、まぁ予想は出来る範囲の事ではありますが、武富士の今期計上分の過払い金返還の為の引当金は約2000億円ですか、2000億円…凄い金額ですね、もう何だかよく分からない金額ですね

過払い金請求の推移はやはり高止まり、それに加えて1.22最高裁判決で過払い金返還請求権(不当利得金返還請求権)の時効起算は取引の終了時(契約の終了=解約日)から進行するという判断を下されてしまったのが多くの金融業者にとっては過払い金の返還問題においては致命的な敗北になっているようですね、まぁこの最高裁の判断は当然のものであると俺は思いますけどね

大手と言われている消費者金融4社、銀行系の2社プロミス・アコム、独立系の2社武富士・アイフル、特に独立系消費者金融である武富士やアイフルに対する過払い金請求は本当に急いだ方が良いのかも知れませんね…
武富士の過払い金返還の為の引当金2000億、これでいつまで持つんですかね?恐らくはこれでもまだ全然たりねんだよ!ですよねw?

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ご無沙汰してます
大変ご無沙汰してます。今季武富士は2000億ですか(笑)

バレーボールチームなんぞ優雅に持ってる場合では無い気がしますがね。
その武富士案件ですけど、余りにも私事が多忙を極めており書士任せにしておりますが、やはり対応は相変わらずのようで7割和解しか提示してきませんねぇ…
ルパン様がいつもおっしゃる「過払い請求はお早めに」改めて痛感してる今日この頃です。
以上近況報告までm(__)m。
赤い彗星 2009/02/16(Mon)12:36:42 編集
» Re:ご無沙汰してます
赤い彗星さん、こんにちは、お久しぶりですね。
せっかく頂いたコメントへの返信が遅くなってしまい、すいません。
司法書士さんに依頼した武富士への過払い金請求は相変わらず大きな進展はなしですか、未だに7割での和解提示とは舐めていますね。
その武富士、かなり厳しい状況のような感じがしますね、これは武富士だけではなくアイフルやその他の中小の消費者金融などもそうなのでしょうが、不況に強いと言われていたはずの貸金業がこの大不況と言われている時代にこのような状況になってしまうというのは、やはり貸金業法の改正に総量規制、過払い金返還請求の高止まりに加えて1.22最高裁判決の影響など様々な逆風が吹いているからなんでしょうね。
銀行系大手2社もどうなるか分かりませんが、武富士・アイフルなどの独立系消費者金融への過払い金請求は「やっぱり、お早めに!」という事で間違い無さそうですね。
赤い彗星さんの武富士への過払い金請求も早く納得の出来る条件で解決する事が出来ると良いですね、お忙しい中の近況報告ありがとうございました、また何か進展でもありましたらぜひコメントして下さいね。
それでは最後まで頑張って下さいね。
2009/02/19 14:05
» タバコ広告。
こんにちは、みなさん。ヤマトです。

さて私事ですが、旧知の友人が7年に及ぶ海外赴任から先日帰国してきました。
赴任先はタバコ規制で有名な欧州で、最近日本でもタバコ税議論で有名になった1箱1000円以上の国です。
現レートで約1100円。住宅補助以外に支給される毎月8万円の赴任手当の大半はタバコ代で消えたとか。1100円×365日×7年・・過払いも真っ青の280万円余りですねぇ。

アジア系民族のタバコ好きはつとに有名ですが、日本でも1箱1000円論が有り、かつての「健康のため吸いすぎに注意しましょう」といった曖昧なものが側面に申し訳程度に書かれていた時代から、正面により大きく具体的に注意事項が書かれる様になっています。

それでもF1の世界では当たり前だった車体広告すら締め出し、タバコそのものにもグロテスクな写真の掲示を義務付けるタバコ規制先進国とは大きな差が有るように感じます。

さて未だ野放し状態にあるサラ金広告は「手軽に借りられる」ような表現で行われています。
「ご利用は計画的に」なんて言ってますが、それこそ「健康のため云々」程度の申し訳でしょう。
それこそ広告で「借りたお金が雪ダルマ式に膨らんで」といった警鐘を求めたいものです。

借入は、あなたにとって生活破綻の危険性を高めます。
利息負担は、あなたの扶養する人、特に乳幼児・子供の将来に悪影響を及ぼします。
借金はあなたにとって自殺を選択する原因の一つになります。経済的な統計によると、借入を行う事によって自殺率は2倍~4倍になります。
無闇な借入は、生活への悪影響や借金への依存をより強めます。周りの人から勧められても決して借りてはいけません。

いずれも手元にあったタバコの規制文を借入に置き換えただけの内容ですが、いずれも当てはまることでしょう。尤も、安易な借入で招いた自身の破綻生活への意趣返しに外なりません。
ヤマト 2009/02/19(Thu)10:50:31 編集
» Re:タバコ広告。
ヤマトさん、こんばんは。
いつもながらコメントへの返信が遅くなってしまい、すいません。
タバコに対する税の問題、愛煙家の私にとっては大きな問題の1つであります、タバコが1箱いくらになったら吸うのを止めるか?何て事が議論の題材になったりもしますが、タバコはあくまで嗜好品ですからその代価として支払う事が出来る金銭の価値観は人それぞれという事になるんでしょうね。
私は1箱500円超えたら止めるかなぁ…
しかし欧州の1部ではもう既に1箱1000円以上なんですよねぇ、タバコ1箱1000円てホントに凄いですよね…
一昔前のモータースポーツ界ではタバコと言えば一大スポンサーでしたよね、マルボロ、ラッキーストライク、ロスマンズ、マイルドセブンetc。
若かりし頃は憧れたもんです…
でもタバコに対する規制以上に今現在の貸金業は追い詰められてきているようでうすね、貸金業法改正による総量規制に最高裁による過払い金返還問題に関する消費者保護に向けた判決など、今でもまだTVCMなどでは大手消費者金融がしつこくCMを垂れ流していますが、気のせいか数年前よりは確実に減少してきていますよね、まぁ良い事だとは思うのですがこれが多くの貸金業者にとっての終わりの始まりという事になるのではないかなぁと私は感じていたりしますので、やっぱりとにかく「過払い金返還請求を行うのはお早めに!」と何度も同じ言葉の繰り返しになってしまいますが、過払い金請求という言葉を少しでも多くの方に知ってもらいそして行動に移して頂く事が出来たら、その結果ヤマトさんの言われているお金を安易に借りるという行為に対しての警鐘になるのではないかと思います。
タバコの話とはずれてしまいましたね…
タバコ、正直止めたいんですけど最近流行っている電子タバコってどうなんですかね?禁煙に効果はあるんですかね?ちょっと興味あるんですけどねw
2009/02/22 00:56
» 過払い請求はお早めに+計画的に。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

さて株価はアイフルは年初来の安値を驀進中。武富士も昨年秋の最安値更新が視野、アコム、プロミスも軟調といったような記事を目にしました。

2年ほど前に大手と言われる各社は最高裁判決を受けて過払い返還のための引当を軒並み5000億円余りの金額で行い、ほぼ同額の赤字を計上しています。小生、株には疎いのですが直前まで数百円の水準にあったクレディアが破綻したようにアイフル・武富士は既に危険水準に有るといっていいでしょう。

5000億円が2年で消えたように2000億円でも1年持つかどうかのレベルでしょう。
内部留保の取り崩しで間に合わなければ借入、それが出来なければ破綻です。近頃格付け会社がサラ金各社の格付けを概ね2段階ほど引き下げたと聞きます。以前に日本の国債が発展途上国水準にまで引き下げられ物議を醸しましたが、サラ金の格付けはもはや政情不安なインフレ国並の「投機的水準」のようです。
ヤマト 2009/02/19(Thu)11:12:26 編集
» お久しぶりです。
お久しぶりです。 
サンライフ第二回とプロミス第一回が三月の為か、かなり先の為、両社からは何も連絡がなく、こちらの対応もどうしたらいいかで…
サンライフを早く片付けたいのですが、こちらから再度連絡するときの有効な電話方法はないでしょうか…第一回前に電話して和解はできませんと伝えてますが分かりましたと一方的に切られて話にならず…

プロミスもそろそろ電話してみようかと思ってます。中々、先になり時間だけ過ぎて前に進めずの毎日です
しょうちゃん 2009/02/19(Thu)11:55:13 編集
» Re:お久しぶりです。
しょうちゃんさん、こんばんは、お久しぶりですね。
お久しぶりなのにせっかく頂いたコメントへの返信が遅くなってしまいまして、すいません。
ヤマトさんが既に的確なアドバイスを下さっていますので、私は補足的なコメントなどを…
1.22最高裁判決の結果、過払い金返還請求訴訟の場においては余程の難解な契約でも交わしていない限りは大手消費者金融とのリボルビング取引などを利用した金銭賃借契約における過払い金の返還請求は判決まで争えばほとんど全面勝訴出来る状況になったと思われます、まぁ、今だに争点になるとしたら長期間の空白等の分断及び解約後の再契約における過払い金の充当問題くらいになっているものと思われます。
ヤマトさんも言われているように、しょうちゃんさんが出来る限りの早期解決を目指すならば自分の納得出来る落しどころを想定して和解交渉に臨むというのが一番手っ取り早いと私もそう思います、私もヤマトさんと同様にしょうちゃんさんや現在過払い金請求を行っている方、そして今後過払い金請求を行おうと考えている方には自分自身が最終的に納得出来る形での過払い金請求を行っていただきたいとは思っているのは事実なんですが、それでも現在の金融業者の置かれている状況を考慮すると、自分自身の納得と共に出来る限りの早期解決も一緒に見越して過払い金請求を行っていかないと何時如何なる時に相手業者がどうなってしまうか本当に先の見えない状況にも成りつつあるとも思えますよね…
納得出来る過払い金返還請求と早期解決とのバランス、これ両立するのは難しい問題ではありますよね…
サンライフにプロミス、どちらも同じMSFGですよね、というかサンライフってプロミスの完全子会社ですよね…大手銀行系消費者金融でありながら過払い金返還対応はお粗末どころか糞ですね。
サンライフは第二回の口頭弁論までには何らかの動きを起こすとしてもプロミスに対してはヤマトさんも言われているような感じで自分自身の中での落しどころを決めて少しずつでも和解交渉を行ってみても良いかも知れませんね、1.22最高裁判決の後ですから相手業者もだいぶ弱りきっている可能性もあるので上手く行けば良い結果が得られるかも知れませんしね、私は結構何も考え酢ずに相手に電話をかけて和解交渉を行う事が出来るような単純な人間でしたがその1本の電話によって大きく道が開かれる事もあると思いますよ、まずは前に一歩踏み出してみてはいかがですかね?
何とか頑張って早期解決と納得の出来る結果、その2つを上手なバランスで両立させた過払い金請求が出来るように頑張って下さいね、もちろん納得出来る和解条件が引き出せない場合は相手は一応天下のMSFGですから判決上等で臨んでも何とかなるとは思いますけどね…
ただ、「過払い金請求はお早めに!」これ、本当に現実化しつつありますので相手業者に関する様々な情報収集も本当に重要な事になっていますね。
2009/02/22 04:43
» re:しょうちゃん
こんにちは、ヤマトです。

さてプロミスとサンライフ、どうしたものですかね。まぁ案件の内容にも拠りますが余程の事でも無い限り完全勝訴は疑いの無い事と思います。
余程の事というのは、氏名を偽るなどの不正な手段でも用いない限りといった非常識な内容くらいのもので、相手方が答弁書に何を書いてこようが気にすることは無いと思っています。

さてそんな不利な状況であっても相手方から自主的な連絡があることは極めて稀だと聞きます。常識的に考えれば早期解決と引き換えにホンの僅かな譲歩でも引き出せれば相当の利益が得られるのですがね。
「落としどころ」をどの辺に設定できるかは請求者によって多少温度差が有るでしょう。端数切捨てや訴訟費用の各自負担といったくらいならと言う思いや、民法所定の悪意の利息放棄までならという部分です。

早期解決か満額かという選択肢は請求者だけの問題ではありませんが、電話代だって基本的にはタダじゃありません。小生なら落としどころを決めて、いくらなら和解出来るって条件を突き付けて上げます。
その上で相手が拒否するなら徹底的に戦うだけです。そうは言っても時間の経過に伴う焦りは自分も十分感じてきました。今となっては「甘かったかな?」という反省点も少なからずあります。
だからこそご貴殿には十分に納得できる条件を求めて戦って欲しいと感じます。
ヤマト 2009/02/21(Sat)11:38:35 編集
» ヤマトさんへ
いつもコメントありがとうございます。 

プロミスは訴訟前に話して以来、何も連絡がないですが、3月終わりくらいに第一回なので3月入ってからでも電話してみようかと…タンポートを訴訟した手間もあるので金額を負ける気はありません(><)

サンライフは3月中旬ですがどうせまた3日前位に答弁書を出してくるのでは…と思ってますが…こちらの希望より第一回では40万近く時効の援用で差額があるので到底和解は無理なお話で…

時間だけ流れていきますが、何とか早く解決をしたいです。 

ヤマトさん本当にいつもありがとうございます。一人じゃないと励まされ頑張れます。まだまだ長引きそうですが、今後とも時間の許すかぎりよろしくお願いします。(*^□^*)
しょうちゃん 2009/02/21(Sat)20:33:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]