忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
阪急、消費者金融から撤退──「スタッフィ」売却

阪急電鉄は9日、「スタッフィ」ブランドで消費者金融事業を展開する子会社のステーションファイナンス(SF、大阪市)を売却すると発表した。いわゆる過払い金返還請求の急増で業況が悪化したためで、消費者金融事業から撤退する。

大阪市に本社を置く中堅商工ローンのイッコーに、株式と阪急電鉄からSFへの貸付債権を売却する。イッコーによると取得額は株式が86万5000円、阪急電鉄からSFへの貸付債権が192億円程度。株式は27日、債権は3月2日に売却する。

イッコーは営業の軸足を店舗型からインターネット中心に移し、大幅にコストを削減するという。

阪急が保有するSF向け債権の帳簿価格は376億円程度といい、売却額との差額など190億円を阪急阪神ホールディングスが2008年10―12月期に損失計上する。(日経ネット引用)

過払い金返還請求による中小消費者金融への影響は既にかなり深刻なところまできているようですね、俺は関東圏在住なので、このスタッフィという消費者金融を名前くらいしか知らないのですが、ネットでは何度も見た事はあるのでまぁそこそこの規模の消費者金融なのだとは思います、まだHPにはジーコも出ていますしねw

スタッフィを経営していた阪急電鉄がそのスタッフィの貸付債権を中堅商工ローン会社のイッコーに売却するというニュース記事なのですが、この売却先のイッコーという会社の過払い金返還対応はどのようなもんなのでしょうかね?イッコーの親会社って確か腐れ三和ファイナンスを子会社し破綻したクレディア(現フロックス)の救済に乗り出した、あのかざかファイナンスですよね、こんな不良債権みたいなもんばっかり買い漁って肝心の過払い金の返還に関しての対応は大丈夫なんでしょうかね?何だか心配ですね…

まぁ、かざかファイナンスに関しては今のところはそんなに悪い噂も聞こえてきてはいないようですが、1.22の過払い金返還請求権の時効起算日に対する最高裁判決の影響などから、今後このかざかファイナンスという会社に関連した金融業者の過払い金返還対応が悪化してくる恐れもありますので、やはり「過払い金請求はお早めに!」という事で間違いは無さそうですね

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» re:wakaさん。
こんにちは、wakaさん。ヤマトです。

きっついねぇその判事。普通は絶対に中立でなければならない立場なのに、どちらに道理があるとか言って良いんですかね。

さてヘンな裁判の話ですが、コンビニエンスストアの経営者などが本部を相手に「過大な需要予測に基づいた経営計画を示され、最終的に閉店を余儀なくされた」として訴えた事例が有ります。コンビニ名(セブンでもローソンでも何でもいい)+「被害者の会」とか「コンビニ問題」とかで検索できるでしょう。

裁判経過が書かれたものが有ったのですが、途中裁判所は「本部が元経営者に300万円を支払う」という案を提示しています。
訴状では開店費用、事前に説明の無かったロイヤリティ、契約期間内閉店による違約金など事細かに算出し、総額で1200万円の訴えでした。

契約書をキチンと読んでない落ち度とか、本部の言い分(需要予測)を信じ、自らの責務を怠ったこととか、まぁ言い分も本部には有るでしょう。
裁判所からの案には細かく定められた項目こそ有りませんでしたが、とにかく被告側に支払い義務を認めるものと思いますよね。

この和解案はコンビニ本部が受諾を拒否したため、裁判は続行されます。少なくとも原告側は望んで提訴なんかしないものです。
この案件はまさかの全面敗訴で、訴訟費用すら原告の負担とまでされます。
裁判所の提示した和解案は「コンビニ本部に法的な落ち度は無いが、零細業者が大手業者によって損失を受けたということは事実であり、保護的観念及び心情面からの提案であった」とも言えます。

もっとも過払い請求というのがこれほどまでに広がり、法律のシロウトが裁判に臨むなんてことが有ったでしょうか。少額訴訟で敷金を取り返すとか、未払い賃金を求める訴訟とか、簡裁レベルでは有ったのでしょうが極めて未曾有の事と思います。

知人の刑事裁判に出た折に地裁というのを見てきました。知人はまぁ微罪なんて言ったら法秩序云々という事になるのでしょうが当日も「強姦・強盗」なんて新聞でしか見たことの無い被告人の裁判があり、傍聴席の前方なんて制服を着た刑務官。おそらく過去には死刑とか無期懲役なんて判決も有ったと思います。その法廷で(その地裁は水曜民事・金曜刑事で行われている模様。4つの法廷があり過払い請求も同じところの様子)

最終的に判事は法に沿った判決を出さなければなりません。個人の心情も信条も無関係のハズです。
レイクは古い履歴の開示をしない事で有名ですが、残高ゼロ計算については最高裁での明確な判例が無い事から懐疑的な判事もいるという噂は聞きます。
また不開示期間が短いものでゼロ計算が認められた場合控訴もしてくるという話も聞きます。
ただし、それ以外の争い(分断・時効など)で控訴してまで争うという話は聞きません。
「控訴されたら大変だよ」なんて話は事実上聞き流しても良いんじゃないかと思うほどです。

レイクの「主張」については
①一年が分断とする明確な判例は無い。
②長年の取引であり、契約書の返還が有ったとしても、全ての取引記録は保管(だから会員番号も同じ)されているのであり、同一の取引であることは明らか。
③正当な営業行為と認めるからこそ一連の取引。
④高金利は利息制限法に反しているから不当利得である事が明らか。
⑤平成20年1月判決は条件を例示しているに過ぎず、差し戻しは事実の審理を命じたものである。
⑥支店による管理でない客観的事実を示せ。
⑦情報検索のキーと言うが、明らかに同一人による契約の継続を前提とした情報管理と言うべきである。

明日が祝日と言うことで一杯煽りながら(何の参照もせずに)思いつきで書いたので使えるシロモノじゃないけど、小生的にはレイクの主張は矛盾だらけです。

小生にはwakaさんが負けるとは到底思えません。コンビニの話なんてどうでも良いのでしょうが「こんな事も有るよ」という事例です。

ご心痛の所を申し訳ございませんが、最悪の場合にご貴殿に望むのは、勝利を確信し戦って頂いた上での敗北です。もちろん負けて欲しいという話では有りません。万が一負けるような事があれば、この場を借りて再び立ち上がる勇気を持って控訴して欲しいのです。残念ながら小生も、そしてブログオーナーも「控訴」「上告」の経験が全く有りません。

こんな事をお願いするのはあくまで納得のいく解決を目指して欲しいからです。
今、ご貴殿に必要なのは「完全勝利」と書いた旗か垂れ幕を用意し、最終的な勝利を願うことです。
「勝訴」ではなく「勝利」と書くのは再利用を考えてのことです。おそらく今後裁判なんて人生でも縁が無いでしょう。「勝利」と書けば何らかに使えます。

小生の場合ライオンズファンであり、昨年は色々な意味で良いシーズンでした。かつては観戦に行く時間もお金も無かったとこから蘇ったのです。
ご貴殿がどのようなシーンで再利用を考えるかは未知の部分ですが、他球団のファンで有っても遠く離れた応援席で同じ旗を振ることが出来るよう願っています。
ヤマト 2009/02/10(Tue)20:15:01 編集
» Re:re:wakaさん。
ヤマトさん、こんばんは、お久しぶりです(って私が書くのもおかしいですね…)
wakaさんへのアドバイス、そして多くの迷える過払い金請求を行っている方へのアドバイス、本当にありがとうございます。
ヤマトさんのwakaさんに対するコメントにこれを書くのは少し違うのかも知れませんが、ヤマトさんを始めアルさんやあきパパさんしまさん、ここには書ききれないくらいの多くの方がこの過払いブログ上で過払い金請求に関する多くのやりとりをして下さっているのを見ていて本当に嬉しく思います…
過払い金請求を少しでも多くの方に知って貰いたいという主旨で書き始めたこのブログがここまで多くの方に大切にしていただく事が出来ている事が今の私には嬉しくて堪りません…
wakaさんのレイクに対する過払い金返還請求訴訟の案件担当の判事さん、随分偏った法解釈をされているようですね…
ヤマトさんも言われているように基本的には判事とは法の下に公正でならなければいけないと私も思います、まぁでも判事さんも人間ですからその判事さんにしてみれば法的な素人が訴訟を行っているという面からもwakaさんを気遣ってのオフレコ発言なのかも知れませんが、何故結審前にどちらが有利不利という事に関しての発言をするんでしょうかね?
私が思うのは、仮にですが「原告のこの主張構成では被告側の主張及び立証を覆すのは難しいのでそのいくつかの点に関して原告はもっと具体的な法的根拠及び判例などを基にして被告の主張に対する反論を行うようにしなさい…」くらいの事をオフレコで言ってくれるならばまだ理解も出来るんですけどね…何故控訴審の事まで心配されなきゃいけないのかまるで理解出来ませんね、控訴審で審理を行うのはその判事さんじゃないと思うんですけどね…
私もヤマトさんが羅列して下さったようにレイクの主張にはいくつかの到底納得出来ない主張があるものと思います、それとwakaさんは充当だけではなく相殺の予備的主張に関しても視野に入れているようですが、そもそもその判事さんは直列でない個別の取引として第一取引と第二取引の充当を認めていないんですかね?それとも単にwakaさんとレイクの取引は分断された個別の取引であり一連の取引でないという事を言いたいんですかね?
これ同じように聞こえるかも知れませんが、その主旨によって今後の主張構成は変わってくるような気がするんですけどね…
明らかに言えるのはこの取引は並列の個別取引ではなく直列した取引である事だけは間違いないですよね、その判事さんが単に二つの取引を一連の取引でないという事を今回の審理の根源として考えているのであれば1年間という空白期間において第一取引で発生した過払い金という自働債権を第二取引で発生した借入金という受働債権と相殺するという予備的主張でも十分に認められる可能性はあるような気がするんですけどね、その辺はどうなんでしょうかね?
まぁ、そんな難し事を考えなくてもヤマトさんが挙げて下さった主張構成などから考えても最悪でもその空白の1年は期間の接着に当たるのではないかなぁなんて私も眠い頭で考えて見ましたがどうでしょうかね…
なんか私、ヤマトさんのコメントへの返信にwakaさんへのコメントを長々と書いてしまいましたが、ヤマトさんが例に挙げて下さったコンビニ裁判の例えとは違い現在wakaさんが行っている過払い金請求においては全面敗訴というのは有り得ないでしょうから、私もヤマトさんと同じように出来る事ならばwakaさんには私やヤマトさんも経験していない控訴審まで視野に入れて納得の出来る過払い金請求を行って貰いたいのですが、こればかりはご本人の事情などもあると思いますので、和解、一部敗訴、控訴、勝訴、様々な未来が想像出来る事とは思いますがどれを選択するにしてもそれがwakaさんの行う過払い金請求において納得の出来るものであったならそれで私は良いのではないかと思います。
やっぱり、これヤマトさんへの返信コメントなのでwakaさ読んで下さるか心配ですね…私のコメントはあまり参考になるか分かりませんがwakaさんにとっての何かのきっかけかヒントにでもなれば良いのですが…
2009/02/10 21:51
» コメント有難う御座います。
コメント有難う御座います。wakaです。
レイク案件の裁判官は、第一回口頭弁論の時も執拗に和解を勧めてきた裁判官です。
私が第一準備書面で、レイクとの電話交渉で和解しなければ、弁護士に依頼して分断を主張するとの事を記述した時に、まだ、実際にはレイクは分断を主張してないにもかかわらず、「分断を主張されて一部敗訴になって減額もあるから和解したほうがいい」「裁判がすすんで行くと手続きも面倒だから大変だよ?」と、初回から個別計算肯定派みたいな感じでした。
しかし、今日の「被告の言い分のほうが、道理が通ってるように感じる」はショックでした。
私の取引は、①H8・10・16~H10・9・18完済、②H11・10・7~H15・9・8完済です。取引期間もそんなに長期ではないし、①だけの過払金額は6万円です。一連過払金額も元本25万ほどで、本日までの利息を合計しても33万です。
本日の和解案20万円です。
しかも、続きがあります。
以下原文そのまま
和解案について
被告和解案は、約20万円程度であり、請求の趣旨の金額と、差異はさほど大きくはない。
御庁において、和解案を賜れば、被告としては、お受けする意思はあるので、和解案を賜るようお願いする。
以上
上から目線の和解案です。約20万程度がムカツキます。
それから、顧客番号については、不思議な理論を展開してくれています。
「情報を検索するためだけのキーでしかない」で始まり、「膨大な人数・同姓同名」の顧客特定の手段・・まー、ここまではいいとして、この後ですが
原文そのまま「この理は、クレジットカード取引を想起すれば明らかである。すなわち、クレジットカード取引においては、各顧客ごとにクレジットカード番号が付されて、商品の購入ごとに、一括払い、分割払い、リボルビング払い等を選択する取引がなされるが、当該商品に係る取引ごとに新たにクレジットカード番号が交付される事はない。しかし、係る取引ごとにクレジットカード番号が異なることがなくても、別個の機会における複数の取引(商品の購入)を一体のものと取り扱うことはないことは、クレジットカードを使用したことのある者であれば、誰もが認識しているところである。」原文ここまで。
私の認識からすれば、皿の会員番号とクレジットカード番号は全く別物と思います。クレジットカードは、同一の会社でも複数のカードが所有でき、カード番号も違います。各顧客ごとにクレジットカード番号が付されるというのは誤りです。同一の会社のカードでも、カード番号が違うカードを使うと別々に請求が来ます。そもそも、皿(レイク)のカード契約中にもう一枚カードを作る事は不可能だと思います。それと、「別個の機会における複数の取引(商品の購入)を一体のものと取り扱うことはない」ん~・・複数の取引でも、ショッピング限度額は同じですし、複数の取引でもリボルビング払いだと普通に一体のものと取り扱われます。
私には、被告の理論は、すり替え・こじつけにしか思えません。
私だけが、そう思うのでしょうか?
この理論なんかが、裁判官曰く「道理が通ってる」という事でしょうか?
私の準備書面が理論的な構成が少し弱いのかもしれません。
多分、次回が最終だと思います。
一応、被告弁護士と話してみますが、和解は無いでしょう。次の準備書面が勝負ですが・・
頭に何も浮かんできません。
長々と書いてしまい申し訳ありません。m^^m

waka 2009/02/11(Wed)02:34:02 編集
» Re:コメント有難う御座います。
wakaさん、こんにちは。
今日も仕事で貧乏暇無しのルパンです、お久しぶりでございます。
いつも頂いているコメントに中々返信する事も出来なくてすいません…
さて、wakaさんのレイクに対する過払い金返還請求訴訟においての案件担当判事さんはどうやら空白期間=個別契約でありきという考え方をお持ちの方もしくは判決文なんて書くのメンドクセエ…というような考え方を持っている方のようですね…正直当たり外れでものを言うのもなんですが、明らかに外れ判事ではないかと思われますね…
民事訴訟の解決法において双方の和解合意に基づくものを重視するという考え方は間違ってはいないとは思いますが、今回のコメントにあるようなレイクのクレカの取引形態を引用した主張はほとんどの部分でこれ失当な主張であると私は思います。
まずクレジットカード契約と通常の消費者金融と交わす金銭賃借契約の性質上の相違、そこからして完全に引用に値しないものであると思われますよね。
館員番号が同一である事が必ずしも一連の取引であった事の根拠にはならないというレイクの主張ですが、これレイクほどの会社が顧客番号を同一にしておかないと顧客管理情報を検索する事に困難を生じるか?そんな事は無いでしょう、そんなしょっぱい顧客管理システムを利用している大手消費者金融は存在しないでしょうしね、そうだとしたら未だにレイクは紙台帳でも利用して顧客を管理しているんでしょうかね?
私の武富士案件やアエル案件も途中で契約の切り替えやカードの紛失、そして取り扱い支店の統廃合などによりおそらくは途中で会員番号も変更されているおそれもありましたが、私の場合空白期間がほとんどといって良いくらい存在していなかったので争点にすらなりませんでした。
実際に顧客管理番号と会員番号が異なるものであっても現在の顧客管理システムならばいくつかの会員番号が存在しても顧客データの検索にさほどの障害すら無いのが実情だと思います、まぁこれは推測の域を出ないもんではありますが、それはどんな業種の会社でも顧客管理という観点から考えると当然の事ではないかと思いますけどね、会員番号は顧客管理に関するキーに過ぎない…これ立証出来るんですかね?
膨大な人数の顧客、ど同姓同名の顧客を管理する為のキーが会員番号であると言うのなら、会員番号が変更される顧客は存在しないいう事なんでしょうかね?そんなん有り得ない主張だと思うんですけどね…
それにレイクはバカだからクレジットカードの契約や取引を例に挙げて自社の正当性を立証しようとしているようですが、これに関しては最早完全な失当主張以外の何物でもないですね、wakaさんも言われているようにクレジットカードは1つの会社から数枚のカードを貸与される事が当然ながら有りますし、そもそもクレジットカードの契約それ自体が包括的な基本契約であると私は思っていますんで、仮に1つ1つの買い物などは販売会社との商品売買契約であったクレジットカード会社との個別契約には該当はしないですよね、wakaさんも言われているようにリボ返済ならば尚更ですよねw
それにクレジットカードといっても千差万別、リボ払い専用のカードもあれば一括及びボーナス払い専用のカードなども存在しています、これを消費者金融のリボ返済での契約で利用する金銭賃借契約に基づいたものと同一に扱っていること自体がお笑い失当発言以外の何物でもないと思われますねw
それにクレカの場合でもキャッシングで発生した過払い金をリボ払いの残債務やカードローンの残債務と相殺する事は可能なはずですよね。
完全に個別契約下のクレカ同士での過払い金の充当・相殺であっても場合によってはそれを認めれる事はあるでしょうしね、そこで重要になってくるのは被告・原告間の過払い金の充当に関する合意的意向や信義則上の問題であると思ます、という観点から考えても今回のレイクのクレカ引用の主張は失当なものであり採用出来ないというのが当然であるような気がするんですけどねw
これ33万と20万円での和解合意に関する簡裁案件とお見受けしましたが、仮に控訴しても地裁案件になるという事ですよね、高裁での控訴審というならば結構敷居は高いとも思われますが、地裁での控訴審でしたら個人でも十分に対応出来ると思います。
wakaさんとしては金額的にも精神的にも悔いを残さないように出来る事ならば最後まできちんと争ってご自身の納得出来る過払い金請求を起こってくれたら良いなぁと私を含め多くのwakaさんを応援している方も感じている事と思います。
判事にとってのレイクの主張の道理が通っているという糞判断、これを出来る事ならば上級審で粉々に打ち砕いていただきたいものですね。
しかし、クレカ引用とはレイクもバカな主張構成をしてきてもんですね、そこに付け入る隙があるような気がしますので、何とかご自身が納得出来る過払い金請求が出来るように頑張って下さいね。
wakaさんが仮に和解の道を選んだとしても、それがwakaさんにとっての選択であるならば、それでこのレイクに対するwakaさんの過払い金請求は成功という事で良いと私は思いますので、次回弁論日までにじっくりと準備書面を作成するなり和解に応じるなりの判断をして悔いの残らない過払い金請求を行う事が出来るように頑張って下さいね。
最近ボケボケなので参考になるかは分かりませんが、何かのヒントにでもなれば私も嬉しく思います。
2009/02/11 12:13
» 有難う御座います。
wakaです。
コメント頂けると大変に嬉しいです。
今回の準備書面が最後になると思いますので
頑張ります。
ただ、今回は次回までの期日が短いのです。
昨日の口頭弁論で、私以外の方は
次回期日が、3月3日とか3月10日に決まったのに、何故か私だけ2月24日なのです。
個人的には、3月の最高裁の判断も待ちたい心境なのですが、裁判官に「24日でいいですか?」と言われ「はい」と答えてしまいました。
あー、小心者です。
今さらながら、3月半ばに変更してほしい・・・・
それと、私は簡裁案件なのですが、控訴するなら地裁ですよね?
素人なのでよく分からないのですが、私は広島県ですが、広島市内から車で高速1時間の地域なのです。それで私の地域にも簡裁・地裁があります。もちろん自分の地域で訴訟しているわけですが、被告弁護士は広島市内の弁護士です。
昨日、裁判官が「控訴したら広島まで行かなきゃいけなくなるし、大変だよ?」と言われました。
私が控訴した場合、被告代理人の地域での控訴になるのでしょうか?高裁なら私の地域にありませんし、仕方ないのですが・・・・
控訴まであまり考えてなかったので勉強不足で申し訳ありませんが、どなたかご存知の方いませんか?
私は、てっきり私が控訴する場合は私の地域の地裁だと思いこんでいました。被告が控訴すれば、被告の地域の地裁かな?と・・・
教えて下さいばっかりで申し訳ありませんが、コメントをお待ちしております。
waka 2009/02/11(Wed)14:34:43 編集
» Re:有難う御座います。
wakaさん、こんばんは。
久しぶりにコメントを書いたので伝えたい事が何処まで伝わっているか不安でしたが、wakaさんにとって何か役に立つ可能性が少しでもあればと思いコメントさせていただきました。
やはりwakaさんのレイクへの過払い金返還請求訴訟が行われているのは簡裁ですよね、当然控訴審は地裁で行われますが仮にwakaさんが控訴する事になるならばwakaさんの住所地を管轄する地裁に控訴という事ですね、その判事さん何か勘違いしているんですかね?
>控訴したら…大変だよ
という判事さんの言葉、私には判決文書きたくねぇと言っているように聞こえてならないんですが…
大変なのはどんな訴訟でも何処で行う訴訟でも一緒だとは思うんですけどね。
被告が控訴した際に被告弁護人の住所地での控訴審になるのか、被告本社所在地での控訴審になるのかは今すぐに私には回答出来ませんので、どなたか詳しい方いらっしゃいましたら補足的アドバイス、宜しくお願い致します。
2009/02/11 22:34
» ?さんへ
はじめまして、?さん。

消費者金融業界の方でしょうか?
確かに貸してくれたから助かったという人もいらっしゃるでしょうが、消費者金融業者は取りすぎた利子でもっとおいしい思いはしてたんではないでしょうか?その受けた恩恵の差は歴然としているのではないでしょうか?
にゃんたろう 2009/02/11(Wed)23:12:43 編集
» re:wakaさん。
こんにちは、wakaさん。ヤマトです。

今から控訴のことを言っても「鬼が笑う」ようなモノでしょうが、簡単に申し上げますと簡裁と地裁(支部含む)が同居している場合、同じ場所(せいぜい隣の建物または別フロア)で済んでしまいます。但し双方の合意があれば他の裁判所を使えるに過ぎません。

小生の場合首都圏と有って最高裁でも何とかなる利便性の高い所に居ますが、地元簡裁自転車15分、地裁(支部)電車20分、高裁・最高裁1時間少々といった所でしょうか。生まれはド田舎なんですが、地裁(支部)まで徒走(徒歩ではない)15秒くらいの所に実家が有り、裁判所の敷地を通ると通っていた小学校への近道でしたから良く通ったものです。

まぁそんな事はどうでも良いのですが、簡裁は離島にも有るしそこから地裁となるだけでも大きなプレッシャーに感じますよね。

広島は実は小生が運転免許を取ったところです。合宿免許ってヤツで「交通費無料」とあり、ならば一番遠い所でという邪な考えです。教習車がマツダのルーチェ(ディーゼル)で、う~ん広島はヤッパリマツダなのかと妙に感心したことを覚えています。

と、言う事は勝手な決め付けになってしまいますがカープファンなのでしょうかね。
今は過払い請求でそんなヨタ話に付き合う余裕も無いと思います。でもキッチリと納得の行くカタチでお金を取り戻し、日本シリーズではお互い優れたライバルとして戦う日を望んでいます。
ヤマト 2009/02/12(Thu)00:42:51 編集
» 私的考察。
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

?さんより我々の行動に対する疑問符が投げかけられていました。そのことについての私的な考察です。

あれこれ法律を読んでいると「不法原因給付」という言葉が出てきます。いわゆる法に反した「バクチの負け」とか「裏口入学の謝礼」というのは払わなくて良いというような事です。最近でもヤミ金には元金すら払う必要が無いという判決が最高裁で出ています。

「私的な」と言う事でお許し願いたいのですが、少なくとも小生はかなり以前に当時の武富士支店長より利息制限法の事を聞き「実際に裁判になれば勝てない」という事を聞いています。そのため何度も「契約の見直し」を迫っていますが、繰り返し「出来ない」という回答を各社から頂戴しています。

さて余計な話かも知れませんが、近年よく言われる事に「医療過誤」による「医療裁判」が有ります。
医療は人の生死に関わる問題で「やるべきことはやった」ハズでも時には判断ミスが命取りになることも少なく有りません。
医師側にすれば最終的な結果として死亡者を出してしまった事に後悔しても、裁判という場で対立しては中々認めることも出来ない苦悩も有ると聞きます。

直接的な事例を挙げるのは憚られますが、敢えて言うなら綿飴の割り箸が喉に刺さっていたことを見落とし死亡したという事故が有った事をご記憶でしょうか。

検察は診療に当たった医師を業務上要求される客観的な注意義務を怠ったとして起訴していますが、そこまでの注意義務が有るのかという疑問も出てきます。

小生も子を持つ親であり、当事者となることを考えた場合、どちらの味方をしようとも思いません。

「取引契約」だから有効だろ!って一見正論のようにも思います。
ここで「豆腐」の話ってのはヘンでしょうが、数少ない小生の得意料理に「湯豆腐」が有ります。
そんで、小生の子は「とうちゃんの湯豆腐」が大好きなんですね。で、先週の話だけど豆腐が足りなくなってスーパーに追加購入に出かけたんですよ。
店頭表示は1丁77円。レジで2丁分の精算をすると196円。ちょっと高いんですわ。

もちろんPOSの登録ミスって全額返して貰ったけど、数時間前に5丁も買ってるんです。
店側は「今日は特売日で設定変更するべき所を」を平謝りでしたが、そのときは野菜とか色々買ってたんで自身も気付かなかったんです。

店も5丁分の差額105円をお返ししますって言うけど、確たる証拠(レシート)もその時は持って無いワケですよ。レジの記録を調べますって確かに他に買ったものとの整合性から直ぐに判明し返してもらったのですが、これって元々の「取引は有効に成立していた」のでしょうか。

イヤだったら借りなきゃいいじゃん。これも正論に聞こえます。最近の話で言うと原油高騰。
その際近くの安クリーニングチェーンが原油高騰を理由に値上げしています。
確かにクリーニングは溶剤やハンガー、包装ビニール、集配手段と「石油の浪費」な事業です。
じゃぁ最近の原油価格下落で値下げしたでしょうか?もちろんしていません。東京都の通称「ボッタクリ防止条例」は正当な価格の表示の無いものを違法としていますから、安クリーニングチェーンの「値上げ理由」は言い訳なのかも知れませんが合法です。

合意があったから有効というのであれば「愛人契約」や「ヤミ金」でも全て有効という暴論です。
結婚する際にそれなりの「甘言」くらいは言ってますよ。言い訳は色々有りますが「契約違反」でしょうか。
ヤマト 2009/02/12(Thu)01:43:22 編集
» おめでとうございます
ルパンさん、皆さんこんばんは。

アルさん、和解おめでとうございます。

何はともあれ、満額に近い金額での和解、本当に良かったですね。

武とのやり取りは、若手芸人の漫才より笑わせてもらいました(笑)


ところで、?さんの意見には賛否両論あることでしょう。
確かに、「29%の利息ですが良いですか?」と言われ、「はい、良いです。」と契約したのだから、返すのが当たり前ですよね。

まぁこの事に反論しても、根本的な考え方が違うので、?さんは、他の場所で熱く語って下さいね。

既に、ルパンさん、ヤマトさん、更には!!!さんが、適切なコメントをされていますので出来れば、このブログ内で?さんに対する反論なんかも、必要以上にしない方向でお願いしたいです。

なんか、偉そうな事を言ってすいません。

でゎ、乱筆、乱文にて失礼します。
あきパパ 2009/02/12(Thu)03:38:26 編集
» Re:おめでとうございます
あきパパさん、こんばんは。
コメントの返信遅くなってしまいすいません、最近はコメントの返信も中々思うように出来ず皆様にご迷惑をおかけしています…
アルさんの和解報告、おめでたいと共に私もとても楽しく読ませていただきましたw
?さんの意見に関してですが、あきパパさんの言われているようにこれで終わりにしましょうね。
過払い金の問題だけに限りませんが、物の考え方は立場などによっても様々でしょうしね…
2009/02/15 21:45
» ピンチはチャンス?
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

ココの所、皆さんのコメントへの賛意や反論、考察と言った投稿ばかりでブログ記事への感想などが疎かになっていました。

さて高利金融界の「再編」や「淘汰」が進むことだけは確実に予測が出来るでしょう。ただどのようになっていくかを正確に予測することは出来ません。

さて良く経済用語で「残存者利益」ということが言われます。要は駅前のコンビニならぬサラ金が、競合他社が撤退したことによって利益を独占できると言うような構図です。

駅前のコンビニなら駅の利用者の数などから「周辺にある需要」はある程度決まっており、店舗数と一店舗当たりの売り上げはほぼ反比例する事が確実です。

資金需要という観点から業者の数というのは凡そ決まって行くこともこれまた真実です。
さてサラ金の台頭で大きく数を減らしたのが質屋です。10~20年前までは「質屋の常連」でもあり、使った質屋は1回限りを含めれば8件ほどありますが少なくとも4件は確実に廃業しています。

法規制や新技術の台頭で生活の糧である「仕事」が激減することなど少なく有りません。
法規制で言えばキャバクラなどの接待飲食営業。以前から風営法で24時以降の営業は出来ませんでしたが「黙認」に近い状況だったことも事実です。
実際に19時~21時前後が開店時間であり、24時閉店となると3~5時間しか営業できないというジレンマが生まれます。
新技術の台頭と言う事で言えば「レコード針の製造」なんてのがありますし最近ではデジタルカメラが普及して旧来の現像サービスは壊滅状態です。

さて話は有らぬ方向に進みましたが、貸金業者がこれまでの不当利得をキチンと返還し、営業を続ける事は法的には何ら問題は無いと思っています。
消費者教育といった役割は行政などにあるのであり、法に添った事業を我々がとやかく言う問題では無い様に思うからです。

今回の買収劇が再編後の残存者利益を企図したものかどうかは窺い知ることは出来ませんが、多くの企業は(貸金業に限らず)存続を願うと思います。

今の貸金業存続の条件は不当利得をキチンと返すこと、これに尽きると思います。
ヤマト 2009/02/12(Thu)11:51:45 編集
» アエル債権者集会決定
こんにちは、ルパンさん、皆さん

民事再生していたアエルの債権者集会が決定しましたが、過払い金の返還率はなんとおどろきの一律5%でした。クレディアのようにスポンサーが現れなかった事もそうですが、この再生計画案が承認されなければ、破産手続きされその場合には返還率は零パーセント以下だそうです。
まだ届出をされていない方がいるので、その部分も再生計画案には盛り込まれていて、3年後にもう一度見直しを行い、2%以上余剰があれば再配分される内容でした。期待はしていなかったが、過払い金返還には通常の債権者とは違うのであるから、一律のパーセントではなく、クレディアのように30万以下全額でそれ以上の金額は何パーセントとして返還してもらいたかったと感じます。
これで過払い金の5社すべてが解決となりますが、この間のルパンさん、皆さんには数多くの励ましやアドバイスを頂いて感謝しても仕切れないほどです。最近はコメントしていませんが、ルパンさんの記事やコメントは拝見し、アドバイス出来ることがあれば、これからも過払い金返還を個人でされている方々のお力になれるようにしたいと思っています。

--------------------------------------
アエルの債権届けをされていない方々で、届出をされる方は下記に問い合わせして確認してください。

アエルの住所及び電話番号です
アエル株式会社
〒110-8790
東京都台東区上野5ー8ー5
CP10ビル3階
電話  03ー3837ー1420
FAX 03ー3837ー1781
---------------------------------------
Yoshi 2009/02/12(Thu)12:49:32 編集
» Re:アエル債権者集会決定
Yoshiさん、こんばんは。
お久しぶりですね、というかせっかく頂いたコメントへの返信が遅くなってしまいまして、すいません…
アエルの債権者集会決定ですか、過払い金などの債務の返済率は何と…5%ですか…
クレディアのように助け舟が無かったとはいえ全てに関して一律5%とは本当に酷い話ですね。
この再生計画が承認されなければ破産決定ですか、何だか脅しみたいな感じですね…アエルは日立信販以前から出資法の上限利率ギリギリでの貸付を行ってきていて何でこんなに何度も何度も会社ダメになるんですかね、何処にいっちゃたんですかね、その高金利で得ていた不当利得金は?
過払い金の金額が大きければ大きいほど納得出来ないような内容の話ですね、ヤマトさんのコメントにもあるように私やヤマトさんは何とか運良くアエルから自分達の納得の出来る形で過払い金を取り返す事が出来ましたが、過払い金請求を行う時期によってこれだけ大きな差が生まれてしまう…それが今の過払い金請求そして金融業者の置かれた現状という事なんでしょうかね…
Yoshiさんの過払い金請求はこのアエルへの過払い金返還請求を以ってその全てが終了という事で本当に長い時間を掛けた戦い、お疲れさまでした、最後の過払い金請求がこのような結果になってしまい残念ではありますが、それでも過払い金請求の終了お疲れさまでした、おめでとうございますと言わせていただければと思います。
これからも後に続く方の為に時間の許す時で構わないのでこの過払いブログを訪れて、ご自身の経験からのアドバイスなど頂けたら嬉しく思います。
アエルの債権者集会や過払い債権の届出等に関する情報提供ありがとうございます、Yoshiさん、今後ともどうぞ宜しくお願い致しますね。
しかし、それにしても武富士やアイフルなどの事を考えても過払い金請求は出来る限り急いで行わないと本当に今後はますます厳しい事になりそうですね。
2009/02/15 22:37
» アエル債権者集会日
こんにちは、ルパンさん、皆さんへ

債権者集会日についてはコメントしていませでしたので続けてコメントします。
なお当日議決票がないと会場には入れませんので、ご注意願います。

日時 平成21年3月18日(水) 13:30
場所 東京地方裁判所民事第20部 
   債権者等集会所1
Yoshi 2009/02/12(Thu)13:01:55 編集
» re:アエル債権者集会
こんにちは、Yoshiさん。

アエルへの過払い請求は金額的には不調に終わってしまったようで、さぞご落胆の事と存じます。
ブログオーナーのルパンさんは判決まで戦い全額を、小生は早期解決と引き換えにそれでも元金の80%と随分違った解決でしたが、微妙な着手時期のズレで残念な結果となってしまうのは申し訳ないような気持ちで一杯です。

さて一律○%という方式ではなく、何万円まで全額、それ以上何%という方式も一理有るでしょうが、数ある業者の中でも高い金利を取っていたことから過払い額も相当なものでしょう。
実際に全社の総額ではルパンさんとヤマトは大差ないものの、アエル(当時・日立信販)との取引の差はかなり大きいと感じています。仮にヤマトが最も過払いの多かったレイク案件・武富士案件を(約250万円)アエルに置き換えれば夫々500万円という結果になります。
計算上、どちらがトクかは難しいし人によりけりでしょうが、銀行グループを名乗っていた以上、銀行にも相応の責任を感じます。

準大手などと言われる会社の多くは地区に特化したりしていますが、アエルは全国に支社を持ちかつて見た予定表では来年当たりに各県に数店舗の展開の予定だったように思います。それだけ全国に過払い被害者が存在していると思います。
仮に平成12年の出資法改正で各社が横並びになって以後「初めての借金が日立」なんて人も居るでしょう。平成12年に仮に20万円を借り増額も無く均等返済で破綻直前に完済したとします。その場合過払い金は5%を含めて18万円になります。戻ってくるのは9000円ですか。ため息が出ます。
短期でスパッとというのが借金との賢い付き合いなんて言いますが、仮に20万円を29.2%で1年均等返済でも13000円も不当に盗られるのです。ところが戻ってくるのは650円。納得しにくい金額ですよね。
ヤマト 2009/02/12(Thu)18:42:52 編集
» 突然の和解
本日、レイクの代理人から電話があり、満額+5で和解致しました。
次回口答弁論で和解に代わる決定を頂く予定です。
本当は判決を頂いてみたい気持ちはありますが、(どんな判決か楽しみ)和解案20万から一気に33万の(元本+5%)金額の提示を蹴る理由はそれほどありません。
それに、この金額を蹴った場合の裁判官への対応のほうが思いやられそうです・・
オフレコで少し弁護士と話したら、
私「あの裁判官は、判決文を書くのがどうしてもイヤみたいですね」
弁「あはははは、そうみたいですね、ただ、分断は難しい問題なんで色々と事情があるんじゃないですか?」
私「顧客番号とクレカ番号の理は無理ないですか?たとえば・・(省略)」
弁「ん~、参考になりました。上に報告させて頂きます。」
と、色々と雑談を交えて15分くらい会話しました。とても気さくな方で、被告弁護士というダークなイメージがなくなりました。
正直、2月の半ばから3月半ばまで3つ出張が入ってしまい、準備書面、口頭弁論と厳しい工程で困っていて、和解にはホッとしています。
まだ、電話だけの和解なので何とも言えませんが、取り急ぎご報告させて頂きます。
ルパン様、ヤマト様、ロト様、皆様ありがとうございました。皆様のご意見がとても心強く、とても助けられました。また正式に和解が決定致しましたらご報告させて頂きます。
残すところ、三洋だけです。
三洋は20日に口答弁論です。
20日には例の「弁護士?」(一連主張なのに分断の反論を依頼人に相談もなく分断を認める発言をして、裁判官に怒られた)も期日なので違った意味でも楽しみです。ひょっとすると和解してるかなぁ?
waka 2009/02/12(Thu)19:29:49 編集
» Re:突然の和解
wakaさん、こんばんは。
お祝いのコメントが遅くなってしまい、すいません。
という事でレイクへの過払い金返還請求、満額+5での納得の完全勝利おめでとうございます!本当にお疲れさまでした。
こじれるかと思われたレイクへの過払い金返還請求が一挙に急展開という感じですね、wakaさんがレイクの代理人弁護士とお話して感じたようにきっとレイクの代理人弁護士さんもある部分では自分達の主張が厳しいという事を感じていたのかも知れませんね、それでも依頼者の利益を出来る限り守る為屁理屈をこね回した主張をしていかなければならないんでしょうね。
次回口頭弁論で和解に代わる決定で終結という予定のようですが、まぁお互いに納得して電話ではあっても和解合意に至っているので今後こじれる事はまず無いとは思いますが早く弁論日が来ると良いですね、判決を貰ってみたい私も丸井に対してはそんな思いもありましたが納得出来る和解条件を出されたらそれを蹴ってでも争うという意図は余程の思い入れが無ければ有り得ませんからね。
判決文を書きたがらない判事、屁理屈を捏ねてでも依頼者である業者を擁護しなければいけない代理人、それに依頼者の利益を守るという基本を忘れた弁護士…司法の世界も色々とあるようですね。
まぁ、wakaさん的にも今回のレイクとの和解合意は時間的な事などからも理に叶ったもののようですので、今度は三洋信販に対する過払い金請求頑張って下さいね、そしてレイクとの和解が正式に決定したらまた報告して下さいね。
2009/02/15 22:58
» 無題
wakaさん、おめでとう!!
完全勝利ですね。wakaさんの熱意が皿の氷を解かしたんだと思います。
次の、皿モンスターは、湖とは全く勝手が違い、氷山ですから、焦らず、頑張ってください。
(と、苦戦中の,原告が言うな!!って突っ込みはなしで・・・w)
あたしは,25日に第3回目。電話会議ですが、共に、メガバンをバックに開き直っている三洋氷山を粉砕しましょう。
ロト!!! 2009/02/13(Fri)07:04:21 編集
» Re:無題
ロトさん、こんばんは。
wakaさんレイクと和解合意に至ったとの事で、本当におめでたいですね。
次は三洋という事でロトさんwakaさん共に大手銀行を後ろ盾にしているくせに舐めた対応しかして来ない糞業者を相手に何とかキツイ一撃を与える事が出来ると良いですね、三洋は何でこんな風になってしまったのか分かりませんが現状は1.22最高裁判決の後押しもあってか完全に押せ押せムードになりつつありますので、ぜひともロトさんも三洋信販から納得の過払い金を取り返す事が出来るように頑張って下さいね、ロトさんが必死になって頑張っているのはブログなどを読んで無論理解はしてはいるのですが、それでもこの過払いブログを訪れてくれている皆さんもきっとロトさんの闘いを応援してくれていると思いますよ。
一人一人の勝利が今後の多くの方の糧になる、これからの過払い金請求もそうい風になると良いですねぇ。
2009/02/15 23:09
» 武入金
ルパンさん初め、ブログ住人の皆様のおかげで無事に、武富士から入金が確認できました。
諦めていた,私の背中を押してくださったこのブログ、管理人さん。ゲストの皆様、本当にお世話になりました。m(_ _)m


いよいよ最終戦、三洋氷山。。溶けぬなら、溶けるまで待とう、春はくる。字余り ^^;
ロト 2009/02/13(Fri)12:38:14 編集
» Re:武入金
ロトさん、度々こんばんは。
武富士から無事に過払い金の返還があったという事で、おめでとうございます!お疲れさまでした。
武富士、昨日本文でもニュース記事を紹介したようにかなり微妙な感じの経営状況になって来ていると思われますので無事に過払い金が返還されて本当に良かったですね。
最終決戦は三洋信販ですか、先程のコメントにも書かせていただきましたが三洋はかなり腐れているようなので、何とか粉々に打ち砕いてやって下さいねぇ。
2009/02/16 00:35
» DQ発売延期
こんにちは、みなさん。ヤマトです。

wakaさん。和解合意お疲れ様です。最悪の範囲では控訴等も視野に有ったでしょうからホッと一息でしょう。ロトさん。武富士案件の長い年月ご苦労様でした。まだ全面的な解決には時間が必要かと思いますが、桜咲く頃を思い浮かべて尽力して下さい。

さてのっけから過払いとは無縁のタイトルドラゴンクエスト9「星空の守り人」がプログラム上の不具合から当初の3月28日から7月11日に発売延期になったとか。
和解合意であればこんな理不尽なことはないけど、今までに他の有名タイトルも何度も同じように発売延期ってことは有りましたからまぁ想定の範囲内なのでしょうか。

しかし、元々DQ3目的で買ったファミコンも換金目的で売った経験もあるし、スーファミならカードで買って換金なんてことを何度かやってます。
追い詰められて判断力が正常でなかったなんて言うのは単なる言い訳なのでしょうが、今思うと真剣に反省できたから今が有ると思っています。

借金全盛期は今と違って返済の為のアルバイトをやっていたことで時間の余裕も無く、金銭面も精神面も当然ギリギリでした。
まだ子供も小さく切羽詰った生活では有りませんが、今後その反省を生かせるかどうかが問われていると思っています。
ヤマト 2009/02/13(Fri)23:54:33 編集
» 活動休止
こんにちは、みなさん。ヤマトです。

不景気到来とやらで企業スポーツの活動休止が色々と言われています。栄枯盛衰は世の常で、プロ野球も創世記とは随分顔触れも変化しています。
子供の頃からのライオンズファンであり、「遠くへ行っちゃった」贔屓球団の近くに住むというのは人生の縁を感じます。
ホンダのF-1休止、三菱のモータースポーツ撤退、ニッサンの野球・陸上競技などの休部とニュースになっていますが、武富士も運動部を休止するとの発表をしたようです。

武富士の苦境は今更言うまでもなく、こうした世界では「休止=事実上の廃部」であり、企業スポーツのあり方が問われているとも思います。
さてタイトルがちょっと刺激的だったかもしれません。ココの所ブログオーナーも多忙なようですし、小生もヘタをすると出張のためアクセスが不可能になる期間が出てきそうです(現状未定)

もちろん意欲が滅しているワケではないですし、皆さんへのお力添えをなんとかという思いに変化はありません。何卒諸般の事情をご理解頂きたくお願い申し上げます。
ヤマト 2009/02/15(Sun)00:41:25 編集
» Re:活動休止
ヤマトさん、こんばんは。
いつもいつもながらですが頂いたコメントへの返信遅くなってしまい、すいません。
ヤマトさんもこれから出張などでお忙しくなる様子でしばらく活動休止されるかもとのコメントを読ませていただきました、この過払いブログを訪れて下さっている皆さんにとって、そして私にとってもヤマトさんの活動休止は大変な痛手ではありますがヤマトさん自身の仕事や生活はヤマトさんやヤマトさんのご家族にとっては一番大切なものであると思いますので一番大切な人達を守る為の活動休止ですから仕方ないですね。
でも、時間が出来次第にでもいつでも活動再開して下さいね、私もこうして何とか自分が出来る限りではありますがこの過払いブログの主旨である過払い金請求を世間に広める為の草の根活動の推進の為に何とか少しずつでも這い蹲りながら前に進んで行きたいと思っています。
私以上にこの過払いブログにおいては大きくなっていると思われるヤマトさんの存在、このブログを訪れて下さって過払い金請求を行っているいる多くの方の為にも武富士がどうにかなっちゃう前には本格的復活を遂げてくれると嬉しいです…ウルトラマンのように帰ってくるヤマトさんというこのブログのヒーローの帰還を楽しみに待っていますね。
2009/02/15 22:06
» 過払い請求について
はじめまして。私は今年の1月に弁護士へ4社過払い請求を依頼してます。3社は先月に9割・満額の返答があったので和解しましたが、残り1社(三洋信販)が全然音沙汰なかったので今月1日に事務所に進捗状況の確認の電話を入れました。そしたら、まだ過払いの計算中ですと言われて ちょっと遅いなぁって思っていたら、先程7割で和解の案or8月末の入金との事。なるべく訴訟には持って行きたくないんですが、三洋信販で過払い請求をされた方 是非良いアドバイスお願いします。
島人 2009/05/18(Mon)14:54:01 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]