忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました

静岡市:「過払い金」を市税充当 150万円、2社から差し押さえ /静岡

静岡市は7日、清水区内の市税滞納者が借金をしていた大手消費者金融とカード信販会社の計2社から、グレーゾーン金利による過払い金約336万円を回収し、うち150万円を市税に充てたと発表した。全国的に消費者金融への過払い金を差し押さえて市税を回収するケースは広がっており、県内でも先進的な事例となる。

グレーゾーン金利は利息制限法(15~20%)と出資法(29・2%)の上限金利の間の金利。最高裁の判例では、利息制限法を超えた金利の利息は、支払う必要がないと示された。

同区納税課によると、昨年10月、計1856万円(当時)の市税滞納があった同区内の20人からの回収を検討。20人は消費者金融約10社に計2606万円分の過払い金があったため、返還請求権を差し押さえると各社に通知した。

各社は「本人の了解は取れているのか」「過払い金はない」などと異議を申し立てたが、交渉の末、2社は4人の過払い金を支払った。4人の滞納額は150万円で、残りは市が滞納者に返還した。さらに別の4人は、民事再生手続き中のクレディアの利用者のため、同社の再生計画に沿った支払いを見込んでいる。残る12人については大手5、6社と交渉中だが支払いのめどは立っておらず、市は「応じない場合は訴訟も辞さない」としている。県も昨年12月と今年4月、県税滞納者の過払い金から160万円を回収している。(毎日新聞引用)

今日は静岡市が滞納市税を過払い金返還請求権の差し押さえを行い、その過払い金を金融業者から回収に成功したというニュースを紹介します(・∀・)ノ

このような滞納税を過払い金返還請求権の差し押さえからの回収成功は静岡県でも初めてだそうで、全国的にもまだまだこのような成功例は珍しいようですね、先頃には検察庁が交通違反の罰金滞納等を過払い金返還請求権差し押さえによる回収を検討などというニュース記事も紹介させていただきましたが、このような過払い金に関連した様々な動きは色々な方面にも広がりを見せているようですね(・∀・)

ただ、俺はこのようなニュースを読むたびにいつも考えてしまう事があるのですが…
このような動き自体は良い事ではあるという思いはあるにはあるのですが、何だか少し方向性が違うのでは…という思いも同時に思ってしまっています(´д`;)

本来ならば過払い金というものは本人もしくはその代理人が返還請求を行うべき物、もしくは金融業者が自ら進んで返還すべき物、であると俺は考えていますので、出来る事なら行政などが過払い金返還請求権の差し押さえに至る前に「過払い金」という物の存在をもっと多くの人に知ってもらう為の努力をするべきでは無いのかなぁ…なんて事をいつも考えさせられてしまいます(  -д-)コレイツモオナジコトイッテマスネ

まぁ…細かい事はあまり考えずに、過払い金返還請求という行為の存在がこのようなニュースによって少でも世間一般に広まるという事で良しと考えるべきなんでしょうかね(´・ω・`)?

最後にこれもいつも思っている事なんですが…
行政からの過払い金の返還に応じた金融業者と応じていない金融業者の社名をきちんと報道してもらいたいものですね。
ちゃんとヽ(・ω・´ )ノ報道しる!

<<前へ  次へ>>

PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 第二回口頭弁論
こんばんは、逆襲のルパンさん、皆さん

本日第二回口頭弁論が3社あり、結果報告です。
アイフル(地裁案件)は上申書を提出していて、被告は出廷していませんが、裁判官より答弁書から18万増額での和解案を告げられるが、兄本人が金額の増額を希望を伝えると裁判官がプラス5万円で被告に伝えて被告が納得すれば、裁判上での和解となります。地裁案件は結果的に兄本人での出廷の為に判決とはしなかったが、これで被告が合意すればまずまずと思っています。しかし被告が1度も出廷しないのは、不公平感は否めないですが、訴状額の94%での和解で、終結できたらこちらは満足です。

アコム、ワイド(簡易)は事前に準備書面を提出していますが、ワイドからは上申書が提出されていて、和解金額が30万円答弁書より増額されていましたが、判決を求めて次回は結審となりました。同じくアコムも判決を求めて結審です。どちらも被告は出廷していませんでした。これで、5社のうち武富士は裁判外和解で終結し、アコム、ワイドは判決となり、地裁案件だったアイフルは裁判上での和解となり、4社が6月中には終結する予定です。2月から始まって4社が来月には結果がわかります。残りは問題児のアエルくんがありますが、最低でも借入残がゼロで決着できれば、良いですがなんか、もうめんどくさくなってきそうです。
いままで色々行なってきて、感じた事は、以前に比べて和解交渉は難航しそうなので、取引履歴後に過払いがある場合には、一度和解交渉しても良いですが、即訴状を提出してから和解交渉しても、以前のように満額+5%+訴訟費用はなかなか応じなくなったようです。ですから、ぜひ早く訴状を提出して皆さん解決した方が良いと思います。また、詳しい結果を報告します。
Yoshi 2008/05/08(Thu)18:54:31 編集
» Re:第二回口頭弁論
Yoshiさん、こんにちは。
第二回口頭弁論への出廷、そしてお兄様の地裁出廷への付き添い、お疲れさまでした。
地裁のアイフルに関しては和解金額の増額での和解を裁判官も促してくださったという事ですので後はアイフルの返答次第でアイフルに対する過払い金請求は終了という事になりそうですね、恐らくアイフルは裁判所からのその条件での和解を飲まないと判決での解決になる可能性を考慮してくるとは思いますので解決の可能性は高そうですね。
訴額の94%での和解が出来ればお兄様も納得出来るのであれば様々な条件などから考えてもまずまず良好な結果で終われるといった感じですね。
一転、アコム・ワイドに対しては判決での終結ですか、どのような判決になるかはまだ分かりませんが、良い結果が出るといいですね。
これで後の心残りは取り合えずはアエルだけですね、アエルに関しては現段階ではこちらから動きを掛けようにもどうにもならない状況ですので少し気長に待つしか無さそうですね…
まずはアイフル・アコム・ワイド、この3社に対する過払い金請求が良い結果で終われるとまずは一安心ですね。
Yoshiさんにおめでとうございますといえる日も近そうですね、また何か進展など有りましたら、ぜひ報告よろしくお願い致しますね。
それからYoshiさんも思われているように、現在では訴訟外での和解に時間を費やすよりも即提訴してその後に訴訟外内の双方でじっくりと交渉を行なった方が過払い金請求の解決は早いのかも知れませんね。
最後まで気を抜かずに頑張って下さいね。
そしていつも多くの情報を提供してくださいまして、本当にありがとうございますね。
2008/05/09 09:20
» 消費者金融大手決算発表
こんばんは、逆襲のルパンさん、皆さん
今日アコム、プロミス、武富士の三社の決算発表がありました。
ロイターの記事で気になる事があり、疑問です。
法改正貸金業法が本格施行される2年後には大きな波が来る可能性がある。との記事です。2年後これからですかね?確か改正貸金業法は平成18年12月だから、それから2年6ヶ月迄には改正されると思っていましたが、それが今年の6月では無いのでしょうか?また貸金業業者が前回の記事にもあった対応手段を画策しているとか?しっかりして欲しいですね国会議員の先生方お願いします。
---------------------------------------
UPDATE2: 消費者金融の09年3月期、アコム<8572.T>のみ増益予想・プロミス<8574.T>と武富士<8564.T>は減益
2008年 05月 8日 18:52 JST 記事を印刷する | ブックマーク[-] 文字サイズ [+]
 [東京 8日 ロイター] アコム(8572.T: 株価, ニュース, レポート)とプロミス(8574.T: 株価, ニュース, レポート)、武富士(8564.T: 株価, ニュース, レポート)の消費者金融3社が8日発表した2009年3月期連結業績予想は、当期利益ベースでアコムだけが増益を予定し、残り2社は減益見通しとなった。高止まりが続く利息返還請求は、年度後半からは減少するとの見方も出たが、2年後の改正貸金業法の本格施行に向けて市場縮小の動きは止まらず、各社とも明確な成長戦略を描き切れずにいる。
 アコムの09年3月期当期利益予想は、前年同期比22.3%増の433億円(ロイターエスティメーツによる主要アナリスト4人の予測平均502億円)。プロミス(8574.T: 株価, ニュース, レポート)は同18.5%減の130億円(同307億円)。武富士(8564.T: 株価, ニュース, レポート)は同18.5%減の115億円(同352億円)と予想。いずれもアナリスト予想を下回る見通しとなった。
 各社とも売上高に当たる営業収益は、ローンの残高減少と金利引き下げによる利回り低下で減収か微増にとどまると予想した。
 アコムは営業収益が前年同期比14.4%減の3250億円となる見通し。利息返還費用1200億円程度は過去に積んだ引当金を取り崩して対応するため、実際の損益に与える影響はゼロと見込む。経常利益は同32.4%減の562億円を想定しているが、当期利益ベースでは前年度に計上した税関連の費用が大きく減少し、増益となる。
 プロミスは営業収益を前年同期比1.7%増の3979億円と見込む。三洋信販の買収効果でトップラインは微増するものの、システム統合などの統合コストがかかるため、経常利益は同36.3%減の409億円になる見込み。利息返還額として907億円を想定し、費用として334億円を引当金に計上する。
 武富士は営業収益を前年同期比26.9%減の1977億円と想定。利息返還額は900億円を予想。09年3月期の配当は未定としながらも、近藤光社長は配当性向は50%を維持し、1株50円前後を予定していることを明らかにした。

 <利息返還請求は年度後半にも減少との見方、買収戦略には濃淡>
 消費者金融業界の目先の懸案事項は、利息制限法が定める上限金利(15―20%)を超える利息の返還請求。各社のトップからは高止まりを懸念する声が出る一方、9月以降に減少するとの見通しも相次いだ。プロミスの神内博喜社長は「年度の後半から、なだらかに減少する」との見通しを示した。武富士の近藤社長も「中間期以降のピークアウトを想定している」としたものの、改正貸金業法が本格施行される2年後には「大きな波が来る可能性がある」とし、再度、利息返還請求が増加する可能性を指摘した。
 生き残りを模索している各社が進めている戦略の一つが規模の拡大だ。プロミスはすでに三洋信販を傘下を収めたが、現在進んでいるM&A(合併・買収)案件がGEコンシューマー・ファイナンス(東京都港区)による消費者金融事業「レイク」の売却。アコム(8572.T: 株価, ニュース, レポート)とプロミス(8574.T: 株価, ニュース, レポート)、新生銀行(8303.T: 株価, ニュース, レポート)が最終入札に残っており、アコムの木下盛好社長は「貸付残高規模が減少する中、成長戦略として買収も選択肢の一つ」と意欲を示した。一方で、神内社長は「買収のための資金調達環境が厳しくなっており、制約になっている」とコメントし、規模のメリット追及による生き残り策も楽観視できない現状を示した。武富士の近藤社長は「同業者の買収は一切考えていない」と述べ、異業種との業務提携などにより顧客基盤の拡大を図る方針を示した。
 (ロイター日本語ニュース 布施太郎記者)
---------------------------------------

Yoshi 2008/05/08(Thu)21:12:23 編集
» Re:消費者金融大手決算発表
Yoshiさん、こんにちは。
私の解釈が間違っていなければ改正貸金業法の一部施行(自主的)が去年の年末くらいから本格的に行われていると思いますので、このロイターの記事のいう2年後はこれから2年後という事で合っていると思います。
一応、現在でもまだ完全施行の猶予期間であると思いますので、利息制限法所定内金利への貸出し金利の引き下げはあくまで金融業者の自主的なものであると解釈しています(ただし現在のような過払い金請求の大きな流れの中でみなし弁済の適用要件を満たしていない状況でいつまでも利息制限法所定のを金利を超過した金利で貸付を続けるメリットが低いとのビジョンからの行為ではあると私は解釈していますけど…)
ですから、今後の新規顧客の囲い込みなどを目論んでいる金融業者は新規顧客に関してだけ利息制限法所定内の金利以下での貸出しなどを行って、現在、未だに過払いの存在に気付いていないような顧客には利息制限法を超過した金利での契約を続けているなんていうダブルスタンダードな対応を取っている、または取っていた、なんていう金融業者が存在しているのだと思います。
それ自体は顧客の無知に付け込んだ許せないような行為であると私は思います。
過払い金の存在、これを上手く交わしながら何とか自分達にとって都合の良い状況を作り出せるように画策している可能性も否定は出来ないですね…
ですから、やはり過払い金請求はお早めに、そして出来るだけ多くの人に過払い金の存在について早く知ってもらう事が重要であると私は思っています。
2008/05/09 09:36
» 過払金3社で2640億円
続けて、決算発表に関連して、消費者金融3社(プロミス、アコム、武富士)で2640億円返還しても黒字ですか?もつと誠実に返還すれば、正常債権になり、コストがかからないと思うし、わかっている人だけに返還する体質は変わらないようです。

---------------------------------------
過払い利息返還大幅増、計2640億円 消費者金融3社 2008年05月08日19時46分
 プロミス、アコム、武富士の消費者金融大手3社が8日発表した08年3月期連結決算によると、過払い利息の返還額が合計で2640億円と前期から9割近く増えた。ただ、返還に備えた引当金の積み増しが一服したことから、3社の当期損益は2年ぶりに黒字に転換した。
 返還額は、プロミスは07年10月に三洋信販を連結にしたため、前期比2.4倍の869億円。アコムが同93%増の779億円、武富士が同54%増の992億円だった。各社は08年度後半から請求額が減少に向かうとみており、09年3月期は3社合計で2537億円と微減する見通しだ。
 また、融資残高は低迷したが、審査の厳格化もあり貸し倒れ関連費用は減少。08年3月期の当期黒字はプロミスが159億円、アコムが354億円、武富士が141億円だった。
---------------------------------------
Yoshi 2008/05/08(Thu)21:23:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]