忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました
<SFCG>再生法申請 負債総額3380億円…今年最大

商工ローン大手で東証一部上場のSFCG(旧商工ファンド)は23日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されたと発表した。負債総額は3380億4000万円で、帝国データバンクによると今年最大の負債額という。貸金業法改正で利息制限法の上限を超える「過払い金」の返還請求が相次いだことや、世界的な金融危機の影響で資金調達も難航し、経営が行き詰まった。今後はスポンサーを探し、再建を図る方針。

同社は78年創業。中小企業向け高利融資で知られ、業界トップクラスとなったが、債務者への強引な返済の取り立てが社会問題化。99年には創業者の大島健伸社長(当時)が国会から参考人招致された。

02年に社名をSFCGに変更した。だが、06年12月の貸金業法改正後、「過払い金」の返還請求が急増。また、昨年10月には違法な取り立てを受けたとして、中小企業の経営者らから提訴されるなど、最近も融資返済をめぐるトラブルが相次いでいた。今月20日には大島社長兼会長が会長に退いたばかりだった。

数百億円の過払い金返還請求を受けているが、23日会見した申し立て代理人の阿部信一郎弁護士は「100%の弁済は困難」と述べた。(毎日新聞引用)

ヤマトさんやにゃんたろうさんがコメントして下さったSFCGの民事再生法適用申請に関する記事を紹介します(・∀・)ノ

酷いですね…このSFCGという会社、代理人が早くも「過払い金返還の100%の弁済は困難」って、今までだってSFCGから100%の過払い金なんて返還して貰った人なんてほとんどいなんじゃないんですかね?
今更そんな泣き言や開き直りみたいな事を言われても、何言ってんの!馬鹿ですか!ふざけないで下さい!といった感じですよね…(  ・д・)ケッ!

<<前へ  次へ>>
PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 卒業?
今晩は、ルパンさん、ブログゲストのみなさん。
今日、三洋の3回目。電話会議で和解が成立しました。
金員は、被告主張の訴状の満180から準備書添付の残高0計算の満240(実質の満5付近)にまで、こぎつけることができました。

でも、期日がなんと6月初旬・・・・

あり得ない提示に,判事先生まで「なんとかならないのか?」と,助言をしてくださいましたが「予算がつかないのでどうにもならない」との回答でした。

実は3日前に,被告代理人からの準備書面がないので,またまた「陳述書」攻撃をしておいたので,被告に代理人氏も掛け合ってみたそうですが,無理だったようです。

「こちらも,返済のときには他者から借り入れてまで返済を続けたんだ!「プロミス」からでも「三井住友」からでも引っ張って来い~!!

さすがに,その言葉には、さすがの判事先生も「ロトさん、いくらグループでも別会社なんだからぁ・・・」と苦笑していました。(退廷寸前のマジギレ)爆

何はともあれ、ルパンさんはじめ,ブログ住人、ゲスト各位様のおかげで,ロトの表面のRPGは幕を引くことができそうです。

今まで多数のアドバイスやコメント。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

今回の過払い返還が実行されれば,「第2幕、引き直し後残あり案件の0和解、債務整理が始まります。」

ロトの、クレ皿との付き合いが完全に終了するまでの道のりは長く続きそうです。

ルパン先生よろしく真似をして、ブログでもぼちぼち書きなが,もし何かわからない方が,間違って訪問。質問などいただいた折には、分かる範囲でお答えしながらゆっくり歩んでゆこうとおもっています。

最後に一言、大手だとか銀行系だとかいうのはもはやあてにできない時代が,すぐそこまで来ている可能性があります。

過払い請求はおはやめに・・・いや、迅速に!!

ではでは~また遊びに来させてくださいね。
ロト URL 2009/02/25(Wed)21:44:07 編集
» Re:卒業?
ロトさん、こんばんは。
三洋信販に対する過払い金請求、ロトさんのブログにもコメントさせて頂きましたが、無事に和解成立という事でおめでとうございます、お疲れさまでした。
とは言っても…入金は6月ですか、舐めてますね糞ポケバン。
まぁでも糞ポケバンは一応天下の三井住友FGですから、何とか6月までは頑張ってくれるでしょうね、最悪の場合はロトさんの言っているようにプロミスか@ローン、もしくは三井住友銀行からひっぱってきて貰うしかないですねwww子供の後始末は親がしっかりとしないといけませんからね。
ロトさんのRPG(ブログ)、しっかりと常連さんもいらっしゃるようですね、中にはにゃんたろうさんのお姿もありましたね。
多くの方が過払い請求に関するブログを書いてくれている、これは過払いという言葉や過払い金請求という行為を世の中の少しでも多くの人に知らせて行く為には非常に良い事ですね。
私もロトさんやその他多くの過払いブログを書いている人達を少しでも応援していきたいと思います。
ロトさんの借金完済過払いRPG、第二幕も「努力」「やる気」「根性」という何処かで聞いたような三大原則を基本にして最後まで頑張って下さいね。
最近忙しいという事もあってあまりお邪魔する事は出来ないかもしれませんが、ロトさんのブログにも出来るだけお邪魔させていただきますね。
これからもご自身とそしてロトさんのブログを頼って来て下っている方達の為にも頑張って下さいね。
(まずは自分のブログをきちんと更新しろ!というツッコミだけは無しにしておいて下さいねw)
2009/02/26 22:42
» re:ロトさん。
こんにちは、ロトさん。ヤマトです。

三洋との交渉の結果、ほぼ納得できるであろう内容での和解までの道程、お疲れ様でした。後は三ヶ月以上先という異常な長期間のご心労があろうかとは思いますが、ともかく羽ばたいた翼を休める時がだんだんと近付いてきていますね。

さてご貴殿のブログにも訪問し、記事を読みつつ笑ったり、また今春入学の娘さんとの別れを見ながら自分と重ねてみたり。わずかの縁ではありますが、今こうしてみなさんとお話が出来た事で今後もなにかと役に立つ事があろうと思います。
ヤマト 2009/02/26(Thu)05:07:37 編集
» 無題
ルパンさんおはようござます。
ブログに来て下さってのお祝いや、激励のコメントありがとう~
リンクの件、御迷惑でなければぜひお願いいたします。
私のほうからも、載せ去ってくださいね。
ここが、ロトにとっての「アリアハン」始発駅でもあり、「宿屋」でもありますから♪
ロト URL 2009/02/26(Thu)06:22:41 編集
» Re:無題
ロトさん、こんばんは。
ロトさんの過払いブログへはコメントさせて頂いたんですが、こちらの自分のブログへ頂いたコメントへの返信が遅くなってしまいすいません。
リンクはご承知の通り、既に貼らせていただきました、こういったところからも過払い金請求に関する情報交換やアドバイスなどの交流が出来れば良いですね。
この私の過払いブログがロトさんにとっての「アリアハンw」という始発駅であり「宿屋」であるというお言葉、本当に嬉しく思います。
こんな若輩者の私ではありますが、これからも過払い金請求に関する事だけではなく色々と宜しくお願い致しますね。
2009/03/02 22:33
» Re:ヤマト
本当に,いつも的確なアドバイスや激励。
心からお礼申し上げます。ありがとう・・・

って、別に消えてなくなるわけじゃなのですが(^^;
ルパンさんが,ロトんちへのどこでもドアーを作ってくださいました。
ロトんちにも,事後承諾ということで帰り道も作ってますから、お時間が許せば除いてやってください。
来て下さっているここ以外のゲストの方々も,各種難問題をくくりぬけて過払いを果たしたり、チャレンジなさっている方々です。

ヤマトさんはもとよりのことロトに取っての大切な方々ばかりですから、是非お気楽に。
ロト URL 2009/02/26(Thu)15:32:14 編集
» はじめまして
はじめまして、ルパンさん。野良115といいます。オイラは過払い訴訟始める前にここの、ルパンさんのブログで勉強させてもらいました。ここんちが一番わかりやすかったから。それで、お礼を言おうと思ってましたが、ルパンさん更新してなかったので、止めたのかなと勘違いを。昨日、ロトさんのブログにルパンさんの名を発見!
ということでお礼に参上。
ありがとうございました!
ちなみにオイラのブログにもルパンさんちのリンク貼らせていただいたよ。
わかんなくなったら、基本はルパンさん。
最新ニュースはyuukiさんって具合に。
では、さらば、です。
野良115 2009/02/26(Thu)19:57:06 編集
» Re:はじめまして
野良115さん、こんばんは、こちらのブログでははじめましてですねw
せっかく頂いたコメントへの返信が遅くなってしまいまして、すいません。
私のこの過払いブログを過払い金返還請求の為の参考にして頂いてありがとうございます。
私のような素人が片手間で書いているブログですので法的解釈などの踏み込んだところまで詳しく書く事が出来ないのは心苦しいですが、それでも野良115さんのようにこの過払いブログを参考にして個人訴訟などで過払い金請求を行ったと言って下さる方がいらっしゃる事がとても嬉しく思います。
>ここんちが一番わかりやすかったから
このお言葉が私にとっては何よりも嬉しい言葉であります、過払い金請求や訴訟という普段はあまり係わる事の無い事柄について書いていて、それを分かりやすかったと感じて下さった方がいる事によって私もこのブログを書き続けてきて良かったなぁと思う事が出来ます、本当に嬉しいですね。
お礼なんて大丈夫で、野良115さんも過払い金請求に関するブログを書いていらっしゃるようですので、今後後に続く方達の為にお互いに何かのきっかけにでなる事が出来れば良いですねぇ。
PS ブログ更新を止めたのでは無いのですが、年明けから新たに起こした仕事があまり上手くいかずにバタバタとした毎日を過ごしていた為、中々きちんとブログの更新が出来ていませんでした、だいぶ落ち着いてきましたのでこれからはまたボチボチ更新を続けて行きたいと思っています。
野良115さんのブログにもコメントさせて頂きましたが、宜しければですが私のブログからもリンク貼らせて頂きますのでご連絡下さいな。
2009/03/02 22:48
» 悪寒
ルパンさん、皆さんこんにちは。

SFCGの民事再生適用の申請には何か裏があるような気がしてなりません。
15年以上は経ってると思いますが、新進企業の社長の講演会があり、10人くらいの社長の中に大島氏がいました。
もう内容とか覚えてないのですが、商工ローン・大島だけ覚えていました。とにかくものすごくキレル人という感じで…
その時はまだ何も知らなかったので、東証一部上場をしても、やっぱりすごいなあと感心したりして、
今はこのキレルというのはズル賢いとか悪知恵が働くとかにも通じるのだと思っています。
また何か起こるような悪寒がします。
にゃんたろう 2009/02/27(Fri)12:51:09 編集
» Re:悪寒
にゃんたろうさん、こんにちは。
いつも最新の情報などを提供して頂きまして、本当にありがとうございます。
せっかく頂いたコメントへの返信が遅くなってしまい、すいません…
SFCGに関しては私も何か裏というか計画的なものがあるような気がしてなりません…
経営を行う上でキレル人間というだけであるならば別に良いのだとは思いますが、切れ者とずる賢いはまったくの別物のような気がしないでもないので、今後の展開にも注目していかないといけないという事なんでしょうね。
おそらくSFCGが過払い利息という名の不当利得金で稼いだ多くのお金はもう既にSFCG本体には残ってはいないんでしょうね、これは民事だけではなく刑事事件に関する側面からも洗い出しを行って貰いたいものではありますね…
2009/03/04 12:23
» プロミス結局訴前交渉は無意味
ルパンさんこんにちわ。

先日プロミスが訴前対応を始めた旨投稿しましたが、結局アコムと同じで過払い元金のみをベースとしての金額交渉ということでした。

ゆえに過払い金が少額だからとか、めんどくさいからゼロ和解をしたい人以外は意味が無く、推定計算、ゼロ計算をする人には尚更意味の無いもので、基本的に従来通り即提訴が最良です。

ちょっとだらだらしてしまい月曜に三社同時の提訴の予定になってしまいました。

プロミスの訴前対応を受け付けてもらったのが12/23ですから丸々二ヶ月待たされた格好です。それでも今回は向こうの計算書はまだ送付不可能でその前に電話で和解の交渉をしようとしていました。
おそらく計算書が来るとすれば3月末くらいかな?って感じでしたね。
興味本位で待つだけ待って見ましたが馬鹿を見てしまいました。
しま 2009/02/27(Fri)16:32:50 編集
» Re:プロミス結局訴前交渉は無意味
しまさん、こんばんは。
コメントへの返信が遅くなってしまいまして、すいません…
プロミスに限らずですが、やはりまだ今でも提訴前の過払い金返還対応はお粗末な大手消費者金融は多いようですね。
プロミスは先日の最高裁3.3判決、そしておそらくは3.6の最高裁判決で止めを刺される私は想像していますので、引き直し計算後は即提訴という流れがやはり早期解決への近道なのかも知れませんね…
確かに過払い金の金額が極少額の場合や0和解での決着を目指している場合など以外は現在の金融業者を取り巻く状況から考慮すると過払い金返還請求に関しては何事も急いでおいた方が良いような感じですね。
「過払い金返還請求はお早めに!」この言葉が本当に現実に成りつつある様な気がしてなりませんので、しまさんもなるべく早くご自身の納得出来る過払い金を取り戻す事の出来るように頑張って下さいね。
2009/03/05 02:43
» re:悪寒
こんにちは、にゃんたろうさん。ヤマトです。
さて、ブログオーナーと小生も過払い返還請求経験が有るアエル(旧・日立信販)が名前を変えようと旧態依然とした経営方針・内容であり、多くの人が「手を焼いた」ことは記憶に新しい所です。

SFCGも社会問題(商工ローン問題)を引き起こしロプロ(旧・日栄)と共に社名を変えて「隠蔽」を企図したことは有名であり、直近の被害者も「あの問題の有った商工ローンとは知らなかった」という話を聞く事もあります。

様々な方法を駆使して「取立て」を行ってきたSFCGですから、逆の見方をすれば「取り立て逃れ」の手法も熟知していると思われます。

夕刊紙のゲンダイにSFCGの興味深い記事が掲載されていました。(以下ゲンダイより引用)

脅迫まがいの取り立て、貸しはがしが社会問題化した商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド)が、ついに倒産に追い込まれた。負債額3380億円は史上5番目の規模だが、この日に向け、大島健伸会長(60)は着々と「取り立て逃れ」の準備を進めていた。


 東京・渋谷区松濤。都内屈指の高級住宅街でも、ひときわ目を引く大豪邸こそ、大島会長が妻と独身の息子と3人で暮らす家である。

 地上2階、地下2階の建物の延べ床面積は1275平方メートルにも及ぶ。476坪という広大な敷地の資産価値は「1坪550万~600万円。総額25億円は下らない」(地元不動産業者)とされ、敷地内の「守衛所」の面積だけでも42平方メートルと、一般の単身向けマンションより広いくらいだ。

 大豪邸の完成は1996年11月。その3年前の93年1月に238坪の土地を購入し、95年10月に隣接する238坪の土地を競売で競り落とした。土地・建物ともに大島会長のファミリー企業名義となっており、現在は今年1月まで会長の妻が代表だった「ブルーバード」という不動産会社が所有している。

「名義人のファミリー企業は変遷しましたが、一貫して大島会長が自宅として使っていた。しかし、SFCG側は『弊社の“ゲストハウス”』と説明し、月々の諸経費も『SFCGで負担している』と繰り返してきたのです」(商工ファンド対策弁護団関係者)


親戚ぐるみの“資産防衛”の疑い

 この豪邸に異変が起きたのは、昨年11月のこと。05年9月に抵当が外れて以降、無担保だった土地と建物に突然、極度額100億円もの「根抵当権設定」の仮登記がなされたのだ。

 債務者は前出のブルーバード。債権者は東京・上野の「IOMA REAL ESTATE」なる不動産会社で、この2つの会社の住所はまったく同じ。

 I社は06年2月まで大島会長の母が代表を務め、現在は会長の義弟が継いでいる。

「民事再生で借金の“棒引き”が許されたとはいえ、SFCGは全国で『過払い金』返還の集団訴訟を起こされ、被告には大島会長も含まれています。倒産により、会社側の100%弁済が困難となれば、いずれ、差し押さえの対象は会長の個人資産にも及ぶ。突然、巨額の債権を設定したのは親族ぐるみの“資産防衛”“債務逃れ”の疑いが強い。先に100億円もの抵当権が付いていれば、『その返済が優先』との言い逃れも可能です」(前出の関係者)

 強引な取り立てで名を馳せた大島会長だけに、裏を返せば、取り立ての防御手段も熟知しているのだろう。こんなことが、許されていいのか。


「報道陣を撮影」倒産会見も非常識

 SFCGは倒産会見まで非常識だった。民事再生法の適用後に東証で会見した大島会長。その傍らで、SFCGの女性社員が質問する記者に向け、カメラのシャッターを切りまくっていた。

 記者団から「記者に圧力をかけるのか」「画像データを消去しろ」と怒声が飛び交い、会場は一時、騒然となった。さすがに、女性社員はデータ消去に応じたが、SFCGは記者団の顔を何に利用するつもりだったのか。
(以上引用終わり)

如何にも悪名高きSFCGらしい後味の悪い「悪あがき」ですね。小生とすればキチンと過払い金を返さない、或いは返せなくなった業者にはとっとと引導を渡してやりたいものです。
犯罪被害者遺族が再び戻らない生命の代償として犯人の極刑を願うのと心情的に共通する部分があるくらいに感じます。

実際に自分の周囲にも商工ローンによって破綻に追い込まれた事例が2つあります。
一つは妻の友人。優秀な美容師だったそうで、私も何度か面識があります。美容師の世界と言うのは徒弟制度の名残もあるところだそうで、お弟子さんが円満に独立する際には師匠にあたる人が店舗費用などの借入の連帯保証をするというのが一般的だそうです。
自身も独立に際して師匠からの「連帯保証」を経て店を構えており、お弟子さんの連帯保証というのも当然のように引き受けてきたと聞きます。
いくら技術を認めて独立しても、企業経営というのは簡単ではありません。いうなれば美容師の技術は万全でも企業で言うなら「技術部長」「生産部長」としての能力に過ぎず「営業部長」「経理部長」としての資質は未知数です。
いわゆるバブル崩壊で自店の経営すらギリギリの状況で1千数百万円の「保証カブリ」なまじウデに自信が有っただけに「高利の借入」に抵抗感を感じなかったと言います。
結局店も畳み、今では音信不通とか。

もう一人は小生の勤務先と取引の有った広告代理店。広告代理店と言っても地域密着の求人広告や、街角看板などを専門とする零細企業です。企業同士の付き合いではないけど、夫々の「相保証」という慣行は根強く、そうした部分が「営業努力」と考える風潮が有ったと聞きます。
結局いわゆる「連鎖倒産」いずれもが商工ローンという高利借入が原因と言う事です。

過払い金を返さない(返せない)と言うのであれば二度とゾンビのように復活するのではなく、木っ端微塵に砕け散って下さいと願っています。
ヤマト 2009/02/27(Fri)19:42:53 編集
» ヤマトさんへ
ヤマトさん、こんばんは。

貴重な情報ありがとうございます。
守銭奴の権化というはなしですね。他人の生活を
破壊しておいて、自分の生活は守る。
法に触れるかどうかのところで、逃げ延びて
これからもグレーな人生を生きていくのでしょうか?
破綻も計画的なにおいがプンプンしてますね。

にゃんたろう 2009/02/28(Sat)01:31:21 編集
» re2:にゃんたろうさん。
こんにちは、にゃんたろうさん。

私企業が利益を追求して何が悪いといった風潮があります。確かに公共性の高い交通機関でも赤字を理由に廃止と言う事も有り得ますから一理有るようには感じます。しかしどのような事業だって「社会性」という公共の利益によって成り立っているはずです。同じ貸金業でも銀行がここまで叩かれると言う事が少ないのは社会性・公共性という意味で適正な運営が行われているからでしょう。

四方山話ですが熊本地域に伝わる都市伝説で「鶴屋の呪い」なるものが有ります。鶴屋というのは熊本にある老舗地方デパートです。この呪いというのは鶴屋のライバルとなる企業が次々と不幸に見舞われる事から言われます。最初は大洋デパート。大規模な火災を生じ多くの犠牲者を出し結果倒産。続いて大分から移転してきた壽屋。急速な各地への出店が未曾有の景気低迷と重なり業績が悪化し破綻。マラソンの松野明美が所属した事で有名なニコニコドー同じように破綻。ダイエーも熊本に出店したものの今の体たらく。

もっとも単なる偶然であって鶴屋の意図的なものは有り得ないのですが鶴屋に関わると破綻に追い込まれるというより、確りした経営が出来ている同社への破綻した企業から見た「うらやましさ」もあるでしょう。

ところが「高利貸し」に関わると破綻するというのは偶然でも不思議でも有りません。
ヤマト 2009/02/28(Sat)09:57:34 編集
» ヤマトさんへ
ヤマトさん、こんばんは。

できれば高利貸しとは関わりたくないですね…
以前コメントした元皿社員の話だと会社のお偉いさんが「銀行は晴れている時に傘をかしてくれるけど
我々は雨降ってる人に傘を貸す」のだと社員に檄を飛ばすらしいのです。
皿で働いているとその言葉でも意義のある仕事をしていると錯覚してしまうそうです。
働いてると感覚がずれていくのだと語ってました。
にゃんたろう 2009/02/28(Sat)20:52:00 編集
» 過払い金終了しました
ルパンさん、こんにちわ。金田です。
過払い金請求関係がめでたく全て終了しました。ルパンさん、本当にありがとうございました。約1年前、貴殿のサイトにたどり着き本人請求のやり方を教わって膨大な借金をチャラにさせて精神的に安定した生活を送ることができるようになりました。
アコム、武富士、アイフル、プロミス、りそなカード、OMCカード、ニコスカード、イコールクレジットと8社との戦いは実は楽しかったです。勝ち戦ということもありましたが、法律というものが誰にとっても平等であるという性質をもつことを知れたことに感謝です。これからは商品先物裁判で再び勝てることを信じて頑張っていきます。本当にありがとうございました。第○期生ルパン校卒業生 金田

あ!ただ知り合いの過払いで入金が3月27日の武富士の案件が残ってました。これ怖いです。武富士大丈夫ですかね?
金田 URL 2009/03/01(Sun)13:40:18 編集
» Re:過払い金終了しました
金田さん、こんにちは。
コメントへの返信が遅くなってしまいまして、すいません。
金田さんの過払い金請求もついにめでたく全案件終了ですか、長い時間を掛けての戦い、本当にお疲れさまでした。
そして、おめでとうございます。
私も金田さんの過払い金請求において何か少しでもお役に立てたのかなぁ、なんて勝手に思い感慨深いものがあります、嬉しいご報告を下さりましてありがとうございます。
金田さんが精神的に穏やかな生活を取り戻す事が出来たという事が何より嬉しい事ですね。
私も過払い金請求を通じて少しだけですが、この国の司法制度等に関して自分で考えたり金田さんをはじめ多くの方と意見を交換したりする事が出来た事が自分にとっての財産になっていると思います。
今後の金田さんには商品先物取引に関する損害賠償請求訴訟という難しい戦いが残っていますが、今までの経験を存分に生かして自身が納得して終える事の出来るよう頑張って下さいね、長い訴訟になる可能性もあるのかも知れませんが良い結果が出たらぜひまた嬉しい報告を聞かせて下さいね。
金田さんのブログにもまた顔を出させていただきますね。
PS お知り合いの方の武富士に対する過払い金請求ですが、つい先頃武富士は巨額の過払い金返還に対する引当金を計上していますのですぐにアボンする事は無いのではないかとは思いますが、やはりこれからどんな展開になっていくかは想像も出来ない消費者金融業界ですから、「過払い金請求はお早めに!」という事は考えておいた方が良いと私は思います。
>武富士大丈夫ですかね?
すいません、こればかりは私には分かりません…
2009/03/05 13:05
» re:しまさん
こんにちは、しまさん。ヤマトです。

訴訟前の交渉が上手く行くかどうかは「交渉術」という部分も有りますが、結局「会社基準」とやらで押し切られる公算も大きいと思います。

ただ、裁判と言う労力や仕事の都合といった部分、更には早期解決という目的達成のためと言う実利の部分で必ずしもムダとだけは言えないようです。

小生の案件で言えばアエルに関して争点となりそうな懸念はなく、おそらく提訴・判決で完全な勝利は確実だったでしょう。ただしそこまで争った場合、昨今の事情をご存知のように「時間切れ」となった可能性も出てきます。

もちろん「運不運」なんて言っちゃいけませんが、どのように判断するかは自分次第です。
借金問題の多くは現状を「何とかなる」というだけで明確なビジョンも無く放置してきた事にいくつくと思います。解決のための「積極性」を忘れなければ必ず今後の生活にも役立つと思っています。
ヤマト 2009/03/03(Tue)10:59:48 編集
» ルパン様、ブログゲストの皆様(御礼)
皆様はじめまして、私が 過払いの存在を知ったのは随分前でしたが、、中々行動に移せず、躊躇していました。  しかし昨年秋~冬頃?だったかな・・このブログを知り、解りやすく解説してあるこのブログと各リンク先の皆さん、ルパンさんらの戦っぷりを参考に、全て自分で請求・提訴(計4件)全件「ほぼ満5+5」約230にて和解となりました(本当は5件ありましたが、アエルは既に手遅れでした) 後は全件、今月末の入金まちと言う所までたどり着きました。まだ入金確認できるまで、各金融業者の経営状況が気がかりですが・・・ここまで来たのも、本当にこのブログがきっかけです!ルパン様・皆様ありがとうございました。
もしまだ請求を足踏みしている人がいるならば、急げ過払い金請求です!それでは
ランジ 2009/03/08(Sun)00:24:31 編集
» Re:ルパン様、ブログゲストの皆様(御礼)
ランジさん、はじめまして、こんにちは。
初めて頂いたコメント、それに加え本当に嬉しいコメントへの返信が遅くなってしまいまし、本当にすいませんでした。
ランジさんはご自身の過払い金返還請求を既にご自身が納得出来る条件で全て終了させているという事で、お疲れさまでした。
本当におめでとうございます。
アエルが既に手遅れであった事は残念ではありますが、それでも後は実際に過払い金が返還されるのを待つのみという段階に入っている事、本当に喜ばしい事ですよね。
確かにここ最近の金融業者の経営状況から考えると不安要素も多々存在するとは思いますが、問題なく全ての過払い金が無事に返還されると良いですね。
個人訴訟で過払い金請求を行うに当たって私のこの過払いブログもご参考にして頂いたという事で、本当に嬉しいコメントありがとうございます。
この過払いブログを訪れて下さって自分の払い過ぎたお金である過払い金を取り返す為に必死に戦っている多くの過払い金請求という経験がこれから過払い金請求を行おうと考えている方や現在必死に過払い金を取り返す為に戦っている方にとってはとても参考になる物であると私は思っています。
多くの方のこのブログに寄せて頂いているコメントの1つ1つがこの過払いブログの財産であるという事なんでしょう。
ランジさんもお時間が許す事がありましたら、後に続く方の為にご自身の貴重な経験を伝えて頂く事が出来たら私も嬉しく思います。
本当にお疲れさまでした、過払い金が無事に返還されるその日まで気を抜かず最後まで頑張って下さいね、出来れば過払い金が無事に返還されましたら、また嬉しい報告を聞かせて頂けると嬉しく思います。
急げ過払い金請求!「過払い金請求はお急ぎを!」という事に間違いは無いような状況になっていきそうな情勢ですからね…
わざわざお礼のコメントを頂きまして、ありがとうございます。
このような嬉しいコメントが私がこの過払いブログを何とか更新し続けていられる事の原動力になっています、それではまた…
2009/03/13 12:50
» ヤマト様へ
以前もレスいただいていてご挨拶遅くなりました。
タンポートに関しては実際プロミスに借り換えしてるとここまでいちいちややこしいのかと(><)毎日条文にらめっこで脳細胞フル活動して脳細胞が分裂して今でも増えてるんじゃないかと思うくらいです。

私の場合は6年くらいの推定計算を載せるため(書証は入金履歴が一枚と請求書が4枚)
文提もつけようと思うのですが、プロミスが被告とすると文書の所持者はタンポートであるため文提がタンポートに出たとしてもプロミスはきっと痛くも痒くもないし、プロミスに対して文提申し立てしても所持していないと逃げられるのは必至で文提をどうしようかと悩み中です。

一応今日もプロミスに電話してみたところ、
タンポートの案件もうちが窓口になりますよー、とのことだが。

あくまでも善意の第三者的な回答でした。

攻め方の方針がなかなか決まらず悩まされます。

まぁおそらくはMSFGバックのプロミス相手にしたほうが、利益を出していないタンポートよりは時間がかからないかな?とは思っていますが。

推定計算部分を相手がどのように対抗してくるかが未知数です。
しま 2009/03/17(Tue)15:47:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]