忍者ブログ
消費者金融や信販会社のクレジットカードで発生した過払い金を、個人訴訟で取り返した手順や経験、過払い情報等を公開!
掲示板 - 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Add to Google My Yahoo!に追加 過払いブログをお気に入りに追加です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気blogランキングに参加しました

このブログでも紹介しているQ&A本について(・∀・)

Q&A過払金 返還請求の手引 第3版と、サラ金・消費者金融から お金を取り返す方法という過払い金返還請求を個人で行うにはとても頼りになる、2冊の過払い金請求の参考書のようなものがあります。

今日はこの2冊の本について、俺なりに解説してみたいと思います(・∀・)ノ
もちろんですが、俺は2冊とも所持していますし、結構な回数、最初から最後まで読み返しています(´-`)

まずは、サラ金・消費者金融から お金を取り返す方法 
この本には、利息制限法による引き直し計算用のソフトの入ったCD-ROMが付属しています、俗に言うQ&A式や名古屋式と言われる計算ソフトです。
この本の内容については、過払い金請求の初心者向けだと思われます、訴訟によって判決まで求めて争う場合や争点の多い過払い金返還請求訴訟を行わなければならない人には物足りない内容です。
過払い金の仕組みや、請求、提訴までで過払い金の返還に応じてくれるような業者が相手ならば十分な内容ではあります。
・大きな争点の無い、アコム、武富士、プロミス、三洋信販、履歴全開示のレイク、履歴全開示の信販系金融業者が相手の過払い金返還請求ならこの本だけでも何とかなるでしょう(´0`)

そして、Q&A過払金 返還請求の手引 についてです。
この本にも上記と同じ引き直し算用のソフトの入ったCD-ROMが付属しています、これはどちらもまったく同じ物になります。
この本の場合は、過払い金返還請求訴訟をどう戦っていけばいいかが詳しく解説されています、内容としては情報が少し古くなってきている感は否めませんが、基本的には請求から判決後までこれ1冊で十分な内容になっています。
移送、完済後の空白期間、再契約、履歴の途中開示など、争点が多い過払い金返還請求訴訟を行わねばならない人にはコチラの本がオススメです。
・上記ような争点がある場合や、アイフル、三和ファイナンス、アエル、CFJ、丸井、セゾン、その他履歴を全開示しない金融業者を相手に過払い金請求を行わなければならない場合にはこちらの本でないと対応は難しいでしょう(゚⊿゚)

簡単ではありますが、2冊の本について解説してみました、もちろんこのような本を買わずにネットによる独学での訴訟でも過払い金を取り返す事は出来ると思います(・A・)
ただ、この2冊の本を買って実際に読んでみた俺の感想としては、Q&A過払金 返還請求の手引 この本は個人で過払い金返還請求をしようと思っている人にとっては、お金には代えられない価値があると思います(´▽`)

過払い金返還請求には色々なアプローチの方法があると思いますが、ココに紹介したような参考書籍を1冊持っていると、中々便利なものですよ(・∀・)
過払い金請求初心者の人は、ぜひ参考にしてみて下さいね(*´∀`*)

PR


人気blogランキングに参加しました
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 改訂版が出ました。
どうも おはようございます。(*゚ー゚)vオハヨ♪
今ではプレミア価格で出回っている、Q&A 過払金返還請求の手引の第3版が6月4日に刊行される予定です。
 私はこの本が欲しくて、探し回ったのですが、やはりどこにも、置いていませんでした。(ガソリン代を気にしながらホント探しました。)
が今回新刊が出ましたので、皆様にもご報告をと思い、コメントいたしました。(過払い初心者には朗報と思い。)
因みに私は、先ほど購入いたしました。「Q&A 過払金返還請求の手引第三版」でググればすぐ分かると思いますが一応乗せておきます。http://www.minjiho.com/new_detail.php?isbn=9784896284621
 さて、私のほうはアイフル完済!で過払い返還に
向けて日夜勉強中です。が、ここまでこれたのも、ルパンさんをはじめ皆様のお陰です。感謝です。
何か進展があればまたコメントします。それでは。
窮す虎を噛む 2008/06/03(Tue)09:11:00 編集
» Re:改訂版が出ました。
窮す虎を噛むさん、おはようございます。
先日はブログの方にお邪魔させていただきました、過払い金請求と共にブログの方も頑張っていらっしゃるようですね。
Q&A 過払金返還請求の手引、これ尼ではプレミア価格なんですね…私これの第2版と[過払い金回収マニュアル]は所持しているんですが、後者は個人訴訟で使用するには少々内容が物足りないかなぁという印象でしたね。
そしてQ&A 過払金返還請求の手引の第3版、ついに刊行されましたか、出るという噂は某巨大掲示板で拝見してはいたのですが、6月4日発売ですか、確かにこのQ&A 過払金返還請求の手引は個人訴訟で過払い金請求を行なう者にとっては一種のバイブルのような物ですからねぇ、第3版ですかぁ…内容は何処まで変わっているんですかね?最近の争点などにも少しは対応しているんですかねぇ?
少し調べたところ、私としましては…
第7章 訴訟提起後の攻防
第8章 訴訟での主張・反論

第10章 信販会社・クレジット契約特有の問題
第12章 包括契約論
というこの辺りの解説がどのようになっているのか楽しみですね。
窮す虎を噛むさんにおいては、ガソリン代も高騰のおり書店めぐりは大変でしたね、お疲れ様でした。
ちなみに窮す虎を噛むさんが購入されたのは書店ですかね?それとも紹介されているサイトからですかね?
サイトからの購入でしたらまだ手元には届いてないんですかね?
何か質問ばかりで、すいません。
もし、手元にあるのでしたら一度読んだ後にでも気になる部分やなんかありましたら、ぜひ感想でも聞かせて下さい、よろしくお願いしますです。
そして、ブログでも拝見させていただきましたが、ついにアイフルを完済・解約、7年という長い返済生活に終止符を打ちアイフルに対する過払い金返還請求という大反撃に転じる事になったようですね。
個人訴訟にはもちろん法解釈や訴訟実務などの勉強も必要ですが、私はここで何度も書いているように一番大切な物は本人の「やる気」であると思っています。
私は窮す虎を噛むさんを始め、この過払いブログを訪れて下さっている方達には、その一番大切な「やる気」という物が備わっていると思っています。
アイフルへの過払い金請求、これからいよいよスタートですが長かった本当は無かったはずの借金返済という時間を少しでも取り戻す事が出来るように、納得が出来るまで頑張って下さいね。
何か進展等ありましたら、コメントして下さいね。
また、窮す虎を噛むさんの過払いブログにもお邪魔させて頂きますねヾ(*゚ー゚*)ノガンガレ!
2008/06/03 10:44
» 貸金業者が減ってるそうだけど
こんにちは、ルパンさん。ヤマトです。

先日の記事に有ったように貸金業者が減るのは仕方の無いことなのでしょう。
業者側が雇用の問題とか、ヤミ金が増えるとか言う主張をしていましたが、そもそも法の不備を突くカタチで不当に存在していただけですから減少は当然のことだと言えます。
またヤミ金が増えると言うのはスジ違いの別の問題で、登録業者があるからヤミ金が根絶されるというのならともかく、安易な借り入れの後に行き着いた先だとも言えますし、これを何とかするのは業者ではなく行政です。

法の不備があって、一度は隆盛を極めたもののその後衰退した業種に著作物のレンタル業があります。
かつてはコピー商品すら堂々とレンタルされていましたが、法の整備が進み著作権管理団体との合意の下で一定の著作権料を支払うことや、新作のレンタル禁止期間などを設けることで共存が図られていますが、元々著作者の権利を食いつぶすカタチで存在していたところもあります。
レンタルビデオ業で多額の損失が出て撤退に追い込まれたのがアコム。
「アダルトは置かない」という稀有な路線で、当時は珍しかった24時間営業。ホントかウソかは知りませんが、競馬・競輪などの公営ギャンブル系の映像が豊富にあり、本業との兼ね合いとまで言われていましたが、それ以外でもアダルトを除いた充実度は他店の追随を許さないものがありました。
アコムカードを持っていると2割引だったので結構利用していたのですが、いつのまにか撤退していました。
レンタル業者が減っているのはネット配信の影響もあるかとは思いますが、結構マイナーなものを見つける楽しみが減ってしまったようで、その点だけが残念に思われます。
ヤマト 2008/06/04(Wed)09:54:13 編集
» Re:貸金業者が減ってるそうだけど
ヤマトさん、こんにちは。
貸金業の衰退、これはもう時代の流れでもあり仕方の無い事であると私も思います、まぁその原因として改正貸金業法の施行や総量規制、そして過払い金返還というものが存在しているのは事実ではあるとは思いますが、過払い金に関して言えばこれはあくまでグレーゾーン金利という文字通り法的にグレーな部分で莫大な不当利得をを得ていただけの話ですから、それが無くなれば立ち行かなくなる業者が出てくるのは当然の事であると思いますよね。
むしろ私が思うには法的根拠の無い不当な利得を得たまま、それを返還する事無く破綻していくような金融業者を何らかの刑事処罰でも出来ないかと思うくらいです(例えとしては間違っているかも知れませんが、詐欺だって民事と刑事の両方で裁かれますよね、人様の大事なお金を返還せずに破綻とか許したくは無いんですよね)
また、この問題が語られるときには必ずといって良いほど闇金問題が引き合いに出されますが、私もヤマトさんと同じように登録貸金業者と無登録貸金業者の問題を一緒くたにして議論するのはナンセンスであると思います。
闇金(無登録貸金業者に対する対応は行政・警察・警察の管轄であると考えています)まぁ、安易にお金を借りるために闇金を利用してしまうくらいに切羽詰まっている社会的弱者を救済するような法的処置など推進していくべき責任の一端は行政に一番あるとは思いますが、今のこの国にそれ期待するのは…どうなんでしょうね?
闇金はどんなに規制や処罰が厳重になっても無くなる事は無いと思いますので、それを利用しないでも済むような社会政策を考えていくべきでは無いかと思うんですけどね、間違ってますかね?
とまぁ、過払いや金融業者の問題に関してはこの程度にしておきまして、あのアコムがレンタルビデオ業を行なっていたんですね、レンタルアコムという会社を昔聞いた事があるのですが、それがそうだったんでしょうか?
今はPCでの動画配信やお届けレンタルなど様々なサービスを行なってレンタル業者も生き残りを賭けて必死な状況になって来ていますね、こんな時代だからこそ世の中に本当に必要な業種、そして必要では無い業種というのが選別されてきているのでは無いかと私は考えているのですが…これもどうなんでしょうかね?博識なヤマトさんの意見としましてはどんな感じでしょうかね。
非常に興味深いです。
2008/06/04 10:45
» ルパンさんのご質問について
ルパンさんいつも私のブログにコメントをしていただいてありがとうございます。

Q&A 過払金返還請求の手引についてルパンさんからのご質問にお答えします。

Q 購入場所は?
A 紹介したサイトよりメールにて購入。(ですが、購入確認などのメールが来ないため少し不安。
( ̄Д ̄;;

なので、まだ手元に届いていないため、到着され次第、詳細をご報告したいと思います。(6月10日到着予定)

追伸
いつも応援ありがとうございます。只今アイフル提訴に向けて頑張っています。今後役に立つ情報などがあれば、すぐにコメントします。頑張るぞ~!
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!
窮す虎を噛む 2008/06/04(Wed)15:40:30 編集
» Re:ルパンさんのご質問について
窮す虎を噛むさん、こんにちは。
私の質問にわざわざ答えてくださってありがとうございます。
やはり購入は紹介されていたサイトから直接購入ですか、まだ第3版は尼や他所で検索掛けても掛からないんですよね、まだあまり出回っていないんでしょうかね?
6月10日到着予定ですかぁ、内容は時代の流れに沿って進化しているんですかねぇ楽しみですねぇ
過払い本から更に知識を得て、アイフルへの過払い金返還請求、頑張って下さいねファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!返し!
2008/06/05 16:26
» Q&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕
いつもブログにコメントありがとうございます。
Q&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕が届き、簡単ではありますが、説明したいと思います。
2版を知らないのですが、あまり変更していないような感じがしていますが、判例の数・その問題に即した判例などは非常に充実しています。
未掲載判例も多く掲載されていますので、(CDの中に)価値ある1冊です。私は購入する価値ありだと思います。
ちなみに松山地裁西条支部の判例も掲載されてましたよ。

そしてまた、未掲載判例なんですが
約6年9ヶ月の空白期間がある取引でも、全取引を一連計算した過払い金の支払をCFJ株式会社に命じた判例


平成20年1月24日、横浜地方裁判所は消費者金融大手のCFJ株式会社に、過払金約38万円の支払いを命じる判決を出しました。CFJ株式会社とこの原告は、平成5年1月18日から平成18年5月17日まで取引を続けていましたが、平成7年1月6日から平成13年10月15日までの間、取引
が中断していました。CFJ株式会社は「平成5年1月18日から同7年1月6日までの貸付取引と同13年10月15日から同18年5月17日までの貸付取引は、別個の取引としてされたものである」、「不当利得返還請求権の消滅時効は10年で
あるから(民法167条1項)、前者の取引は、17年1月6日の経過をもって消滅時効したことになることになる」などと主張していました。
しかし、横浜地方裁判所は「消費者金融業者から貸付を受ける顧客(借主)は、当該業者との貸付取引において、借入れ総額の減少を望み、複数の権利関係が生ずるような事態を望まないのが通常であるから、過払金があればこれを過払金発生後の貸付に当然に充当するというのが合理的意思であり、原告も同様であったものと推測される」とし、「被告は、上記の全取引を通じて同一の会員番号により借入及び返済の状況を管理しており、また、原告の過払金の充当に関する意思も上記のようなものであったものと認められる」として、CFJ株式会社の消滅時効の主張を退けました。
そして横浜地方裁判所は、同社に過払金約38万円の支払を命じたのです。

以上です。またあとでコメントしたいと思います。
取り急ぎ失礼します。
窮す虎を噛む 2008/06/10(Tue)11:30:59 編集
» Re:Q&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕
窮す虎を噛むさん、こんばんは。
いつも窮す虎を噛むさんのブログにはお邪魔しています、アイフルへの過払い金返還請求訴訟の提訴完了、お疲れ様でしたね。
今日は早速届いたというQ&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕の解説をしに来ていただきまして、ありがとうございます。
内容は私の持っている第2版からはやはり改編?されているようですね、まぁ時間と共に裁判例や金融業者の過払い金返還の対応なども変化してきていますので当然と言えば当然の事なのでしょうけど、新たな訴訟上の争点となっている分断や時効援用などに対応した判例集などの充実や未掲載判例の掲載などは嬉しいところですね。
その中でも窮す虎を噛むさんが紹介して下さった、横浜地裁のCFJに対する裁判例なのですが、判決文中でこう言っていますよね
>「消費者金融業者から貸付を受ける顧客(借主)は、当該業者との貸付取引において、借入れ総額の減少を望み、複数の権利関係が生ずるような事態を望まないのが通常であるから、過払金があればこれを過払金発生後の貸付に当然に充当するというのが合理的意思であり、原告も同様であったものと推測される」
これって本当に至極当然の事のような気がするんですよね…
何故、この考え方が上級審においても同様に扱われないのかが私には不思議でなりません。
この判決要旨で言っている事は債権者にとっては本当に当たり前の事であって誰もがそう望んでいる事のはずなんですけどね。
合理的意向、難しい言葉で言われている事に感じてしまいますが、合理的= 道理や理屈にかなっているさま、という事ですよね、そう考えるとこの横浜地裁の裁判例は非常に正しい事を言っているように感じますよね。
このように窮す虎を噛むさんから簡単な解説をお聞きしただけでもQ&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕は今後、個人訴訟で過払い金請求を行なおうと考えている人にとっては大きな武器になりそうですね。
私も自分が購入した第2版には何度も助けられましたからね。
お忙しい中、わざわざコメントの書き込みをしに来て下さいまして、ありがとうございました、新たな武器を手に入れた窮す虎を噛むさん、対アイフルへの過払い金返還請求、頑張って下さいね。
またブログにはちょこちょこお邪魔させていただきますね。
2008/06/10 21:37
» Q&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕 追記
昨日は、ありがとうございました。早速ブログ(訴状)を訂正しましたので、ルパンさんがお暇なときに是非確認して頂ければありがたいです。

そして、Q&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕
のルパンさんが気になる部分をもう少し具体的に
記しておきます。
「提訴後の攻防」は移送申し立て・支配人の対抗手段、について書かれてあります。その他(訴えの取り下げなど)書式もなどです。

「訴訟での主張・反論」は推定計算・残高無視計算・文書提出命令の申し立てなど、ここの章は、非常に裁判で役に立つ項目が多くあります。その他(過払返還請求権の消滅時効など)

「信販会社・クレジット契約特有の問題」
ローン・キャッシング・ショッピングなどが混在している状況での計算方法などです。この章はクレジット契約でのみ発生しそうな問題を分かりやすく掲載してあるます。(この章のことは、違う本などにはあまり載ってないことなので、助かります。)

「包括契約論」は、
内容は、リボルビング払いの契約の特殊性・リボルビング払いの契約の法的構成(包括契約論)・包括契約論による過払金の重要論点の統一的解釈です。

以上です。
昨日の、CFJの判例はQ&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕に載ってないのでご注意ください。
あの判例は「松崎弁護士の今からでも間に合う借金整理法」のメールマガジンです。
今日は裁判所に訴状を訂正しに行ってきま~す。
ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
窮す虎を噛む 2008/06/11(Wed)10:36:49 編集
» Re:Q&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕 追記
窮す虎を噛むさん、こんにちは。
いえいえ誰にでも間違いはありますし、間違いを繰り返しながら進んでいくものだと思いますので、間違える事を恐れない気持ちというのも大事なものであると思います(幸い間違いの多くは後から訂正出来ますしね)
訴状に関しては今朝、窮す虎を噛むさんのブログを拝見して確認しました。
やはり気になってみて良かったのかなぁ…と少しだけですが感じました。
私が思うには裁判所の受付か書記官か分かりませんが訴状を受け付けた人にも何らかの問題があるのではと思います、一日に何枚何十枚の訴状をチェックするのが仕事ですから気付いてくれても良いのになぁ…なんて思ってしまいました、でもみんな人間ですから間違いはありますよね。
その間違えた部分はキッチリと理解してこれからの過払い金請求の糧にして行ってくれれば良いのではと思いました、頑張って下さいね。
それからQ&A 過払金返還請求の手引〔第3版〕ですが、今日の窮す虎を噛むさんのコメントでは私の持っている第2版とその部分はあまり変わっていないような気がします…
でも未掲載判例やその他の事で少しは改編されているんでしょうね、そうで無いと…です。
先日の横浜地裁のCFJの裁判例はQ&A本掲載のものではありませんでしたか、勘違いしてすいません。
でもあの裁判例で判決を書いた判事の考え方が私は債権者側から見た借金返済という過程においては本当に当然の考え方であると思うんですよね…
借金を少しでも減らす事が出来るなら減らしたいし、多くの複雑な権利関係を望む事は無い、これは債務者からすれば当たり前の事なのですけどね…
今日は訴状の訂正に裁判所に行かれるという事ですが、印鑑を忘れずに気を付けて行ってきて下さいね、まずは習うよりも慣れる事、これが大事だと思います、頑張って下さいね。
お邪魔でなければ、また窮す虎を噛むさんの過払いブログにも顔を出させていただきますね。
2008/06/11 11:03
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
過払い金返還請求手順
債務者詳細
HN:
逆襲のルパン
性別:
非公開
自己紹介:
今は、これが精一杯。

※リンクはフリーです。
相互リンクもお待ちしてます。

↓連絡先
gyakusyuuno_lupin
ヤフーメールです。


Add to Google
My Yahoo!に追加
低金利!おまとめローン
過払いブログRSS
過払いブログQRコード
携帯電話からでも
過払い金返還請求
過払いブログ内検索
調べたい言葉で検索
Google検索
弁護士による過払い金請求のインターネット無料相談
過払いカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
過払い書籍検索
便利なネットショッピングは
やっぱり、アマゾン!
過払い関連書籍
過払い金返還請求に
個人訴訟の定番書籍
請求から判決までを
これ一冊で完全解説

↑ついに発売、最新版第3版です!

↑過払い請求の初心者向けです

↑こちらも2008年度版です!
過払い最新コメント
コメント、お待ちしてます
[04/12 赤い血尿]
[02/09 一債権者]
[01/01 ヤマト]
[11/14 ヤマト]
[07/25 鞍馬天狗]
[07/11 ヤマト]
[07/11 ヤマト]
[06/05 ヤマト]
[05/31 ヤマト]
[05/27 にゃんたろう]
[05/21 ガリ狩り君]
[05/18 ヤマト]
[05/17 ヤマト]
[02/16 ヤマト]
[02/14 鞍馬天狗]
[01/31 ヤマト]
[01/30 鞍馬天狗]
[01/10 ヤマト]
[01/08 ピットブル]
[01/01 ヤマト]
[12/27 旋風マスター]
[12/24 ヤマト]
[12/22 旋風マスター]
[12/20 ヤマト]
[12/20 ヤマト]
買物に便利な楽天市場・出品するなら楽天オークション
アクセス解析
過払い最新トラックバック

Copyright © [ 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求 ] All rights reserved.
プライバシーポリシー
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]